​ブログ

『私は自分の仕事が大好き大賞』

皆さん、こんにちは! ママ職代表の山崎恵が、『私は自分の仕事が大好き大賞』の特別審査委員に選出されました。 そこで今回は、『私は自分の仕事が大好き大賞』について詳しくご紹介したいと思います。 ◇『私は自分の仕事が大好き大賞』とは? 自分の仕事の価値に気づき、働く喜びに満ち溢(あふ)れた人を増やし、子どもたちが 「早く大人になって働きたい!」 と思える社会づくりを目的に、立場や役職など関係なく輝きながら働くあらゆる職業のプレゼンターが 「なぜその仕事を好きになったのか?」 「その仕事にどんな価値を見出しているのか?」 そして、 「現場でのたくさんの葛藤、悩み」 について15分の持ち時間の中でプレゼンテーションを行い、会場審査員の投票により日本一を決定する大会です。 【基本理念 】 自分の仕事の価値に気づき、働く喜びに満ち溢れた人を増やし社会に貢献する 【ビジョン 】 子どもが早く大人になって働きたいと思える社会の創造 【5つのこだわり 】 その1 子供たちが「早く大人になって働きたい!」と思うイベントにする。 その2 全ての参加者が「自分の仕事が大好き!」を心から思える時間を創造する。 その3 理屈や納得性ではなく、感動と共感で参加者の魂が磨かれるプログラムにする。 その4 上手で見事であることよりも、一生懸命さと素直さが賞賛される承認空間にする。 その5 世界一ボランティアスタッフが輝いているイベントにする。 ◇そもそもなぜこのような大会を開催することになったのでしょうか? 開催までのストーリーをここで紹介したいと思います。 ~『私は自分の仕事が大好き大賞』の取組みの意義~ 以

人生を豊かにする「パーソナルシード」って何?

みなさん、こんにちは! 暑かったり寒かったりと、大人でも夏の疲れが出てきてしまう頃ですが、皆さんは体調大丈夫ですか? 幼稚園や小学校などの子ども達の間でも、風邪が流行りつつありますのでご注意くださいね。 さて突然ですが、皆さんは家族や友人、職場の人たちとのコミュニケーションを上手くとることが出来ていますか? どんな人でも必ず、誰かと関わって生きているこの世界では、コミュニケーションはとても大切なものですよね。 印象を良くも悪くもするのも自分自身、とはよく言ったものですがどんな人とも仲良くするなどというのは難しいことですよね。 それでもやはり、周りの人とのコミュニケーションを円滑にしたり、ビジネスがうまくいったりしたら嬉しいですよね。 そんな夢のような話を可能にするのが『パーソナルシード』です。 以前のブログでも少し触れましたが(https://www.mamashoku.com/single-post/2017/07/24/%E6%B5%B7%E5%A4%96%E5%87%BA%E5%BC%B5in%E5%8F%B0%E6%B9%BE 参照) ママ職代表、山﨑がもうひとつ代表を務めているジェイピーエスエイ株式会社。 こちらが運営しているパーソナルシード協会(http://www.personalseed.co)で、パーソナルシードを詳しく学ぶことが出来ます。 でも 「パーソナルシードってなに?」 と思われる方がほとんどだと思います。 パーソナルシードとは、生年月日をもとに『個の種』である特性を導き出したものです。 自分や周りの人のパーソナルシードを知ることで、仕事や家庭など周り

チャンスの女神は前髪しかない@ママ職

皆さん、こんにちは! 朝晩とすっかり涼しくなり秋らしくなってきましたね。 気温の変化が著しいので体調管理にお気を付けください。 突然ですが、こんな言葉を耳にしたことありますか? 「チャンスの女神は前髪しかない」 Grasp Fortune by the forelock. 知っている方も知らない方もチャンス(幸運)を掴む方法知りたくありませんか? 今回は、このテーマで皆さんといろいろ考えてみたいと思います。 どうぞお付き合いください。 ◇「チャンスの女神は前髪しかない」 とよく言われていますが、なぜこのように言われているのでしょうか? チャンスの女神には前髪しかないため通り過ぎた後、あわてて捕まえようとしても後ろ髪がなく掴む場所がない。(Grasp=掴む Fortune=幸運 forelock=前髪) うかうかしているとチャンスを手にすることができないという諺。 これはレオナルド・ダ・ヴィンチの言葉だそうです。 (参考:レオナルド・ダ・ヴィンチの手記』 岩波文庫より ) ※今回は、以下の記事をご紹介します。 参考_【チャンスの神様には前髪しか無い】チャンスを逃さずに掴む方法 http://menzine.jp/lifestyle/maegamisikanai8371/ チャンスの神様には前髪しかないとよく言われていますね。 なぜこのように言われているか、ご存知でしょうか。 チャンスとは、一度そのタイミングで掴まなければ、スルリと簡単に通り抜けていってしまうものだからです。 今は時期じゃないから。とか、今はお金がないから。 今は時間がないから。 などと色々とできない理由を作ってな

バリキャリ女子会、開催しました!

こんにちは! ママ職代表山﨑です。 新学期も始まり、夏休みのお弁当から解放されて、ホッと一息な今日この頃です 笑 先日『バリキャリ女子✖「  」会』開催しました! ケータリング会社:Anastiaさんの女子がテンション上がるとてもおいしいケータリングを食べながら、みなさん大盛り上がりでした。 場所も新規開拓様にご提供いただき、丸ビルという、これまたテンション上がる場所で開催させていただき、なかなかお帰りにならないという事態が起こったほど、楽しく素敵なひと時を過ごすことが出来ました。 みなさん、笑顔が素敵でキラキラと輝いていて、『働く女性』というひとつのブランドを確立した方ばかりです。 女性が働く時代を切り開いてきた女性、そして、今時代が移り変わりつつあり、働く女性が当たり前になってきているこの時代に活躍している、今まさに私たち世代の方々、総勢、20名のバリキャリ女子たちに集まっていただきました。 いくら女性が活躍しやすい世の中になってきたとはいえ、まだまだみなさん様々な葛藤や悩みを抱えて生きてきています。 なんだかその想いを言わずとも共有している仲間として共感が根底にあった。 そんな場でした。 バリキャリ女子会の狙いは、女性であることを面白おかしく一つのブランドとして楽しんだ企画を作っていきたいという会長である税理士であり、未来会計法人メイキット代表の林亜由美さんと立ち上げました。 女性であることを面白おかしく1つのブランドとしてというのはどういうことかというと、 例えば、ある方が行ったお寿司屋さんでは板前さんが全て女性だったそうです。 板前=男性というイメージがありますが、そ

女性の働き方・生き方の変化について

〜ママ職が推奨する働き方 皆さん、こんにちは! 夏休みも終わり、お子様のお弁当作りやお昼の準備などから解放され、通常の生活に戻り内心ほっとしているママ達は多いのではないでしょうか? 妻、母である前にひとりの個人として、将来自分はどんなことをして過ごしているのかなと漠然と考えてみたことありませんか? 今回は、女性の働き方・生き方の変化について考える際の参考として 「将来、女性の働き方はどの様に変化するのか」 (http://way-of-working.jp/women-way-of-working/) の記事をご紹介させて頂ければと思います。 ※本件引用記事については同サイトの「特定商取引に基づく表示」にもご留意下さい。 ◇将来、女性の働き方はどのように変化するでしょうか? http://way-of-working.jp/women-way-of-working/ (以下参照) 2012年にリクルート系「ブライダル総研」の調査結果で「女性の働き方」について、女性の約70%が結婚や出産などのライフイベント迎えても、何らかの形で働き続けたいと考えていることが明らかになりました。 若手女性社会人に将来のことを聞いてみると 「自分のキャリアや働き方について不安を感じる」 という答えが一番多く、こうした不安から「働き続けたい」と考える人が増えているのではないでしょうか? 実際、子育てのために専業主婦を選んだ女性が、いざ再就職しようという気持ちになっても 「スキルがない」「周囲の理解がない」 など、たくさんのハードルを乗り越えなければなりません。 今後の女性の働き方はどのように変化してい

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square