​ブログ

ママたちを応援するママ職YouTubeムービーついに完成!

皆さん、こんにちは! 早速ですが、ママ職のYouTubeムービーが出来ました!! パラパラ漫画風のムービーは見ているこっちもほっこりする絵と優しいBGMです。 そして、何より見て頂きたいのはその内容です。 ママになって嬉しかったこと、楽しかったこと沢山ありますよね。 その分、子どもが産まれて気付いた大変なことも・・・。 そんなママの想いがぎゅっと約3分の動画に詰まっています。 このムービーですが、ママたちはもちろん、パパにも、そしてこれから親になる若い世代の皆さんにも見てもらいたいと思います。 筆者もママ職でお仕事をさせてもらっている一人ですが、「そうそう!」と共感する部分も沢山あり、そして泣きました。 女性は妊娠や出産を機に、自分自身を含めた周りの環境がガラッと変わってしまいます。 ママ職はそんなママたちを応援し、子育てもお仕事もママたちをキラキラに輝かせてくれる場所です。 ママ職代表山﨑は、この度、東京都女性活躍推進大賞の優秀賞を受賞致しました。 山﨑の信じてやってきたことが、沢山のママたちの心に響き届いた証拠だと思います。 これからも、より多くのママたちがキラキラと輝ける場所を作っていきたい。 そんな想いがたっぷり詰まったYouTube動画です。 是非、ご覧ください!! https://youtu.be/jo3D_JflMJE

『東京都女性活躍推進大賞』

皆さん、こんにちは!クリスマスも終わり、街は一変お正月モードになりましたね。 今年も残りわずか、皆さんはどんな一年でしたか? ママ職のホームページがリニューアルされ、新サービス『秘書ママ』がスタートしたり、 今年もママ職は、ママ達の新しい働き方の選択肢をひとつでも増やしていけたらと邁進して参りました。 今回、ママ職代表である山崎氏の日頃の活動が評価され、 平成29年度東京都女性活躍推進大賞個人の部で優秀賞受賞 が決定致しましたので皆さんにご報告させて頂きます。 ※参考_『小池知事「知事の部屋」/ 記者会見 (平成29年12月22日)』(動画) 以下、抜粋 知事冒頭発言 ダイバーシティの実現に向けた二つの賞の受賞者の決定について 【知事】皆さん、こんにちは。今日は今年の最後の定例記者会見となりました。 私の方から、今日は4本まとめてご報告がございます。そこから始めさせていただきます。 まず、「ダイバーシティ」というのは、私の三つのシティの一つの項目になるわけですが、東京におけます「ダイバーシティ」の実現に向けて、民間の優れた取組を表彰する二つの賞について、今年度分の受賞者を決定いたしました。お知らせをさせていただきます。 まず、一つ目でありますけれども、「東京都女性活躍推進大賞」というものでございまして、この賞は、女性の活躍推進に向けて、先進的な取組を進めている企業であるとか団体、それから個人を表彰するものであります。そして、その取組を広く発信することによって、モデルケースとして社会全体の気運の醸成を図るということを狙いとしているものでございます。 今年度の大賞受賞団体で

我が家の大掃除奮闘記!子どもと楽しく大掃除

皆さん、こんにちは。 気付けば今年も残すところあと半月となりました。今年は皆さん、どんな一年だったでしょうか? さて、年末と言えばつきものなのが大掃除です。皆さんはどのように大掃除をされていますか? 普段から綺麗にされている方も多いと思いますので、大掃除と言ってもたいしたことはしないという方も多いでしょう。 筆者のママ友でも「大掃除は換気扇だけよ!」という人もいます。 ですが、お子さんが小さくて普段のお掃除も大変という方や、片付けてもすぐに子どもが散らかしていくという話も多く聞きます。 特に大掃除は、子ども達が冬休みに入っていることも多く思うように進まないことも・・・。 筆者もそのタイプで、あちこち掃除をしたいのに思うように進まずイライラするばかりで、結局あまり掃除できずに終わってしまいます。 そこで、今回はお子さんと一緒に楽しく大掃除をするママたちのアイディアをご紹介致します! 『子どもにも雑巾と洗剤を持たせてみよう!』 保育園と小学生のお子さんを持つママさんからのアイディアは、『子どもに雑巾とスプレータイプの洗剤を持たせる』というもの。 洗剤と言っても、今は手に優しいとか水だけの成分とか、色々ありますよね。 そういう、子どもでも使えそうな洗剤を選ぶのがポイント。 ただし、子どもに渡すからにはスプレー洗剤一本使い切ってしまうことを覚悟しておくこと、だそうです。 そのかわり、階段や窓など子どもの思うように拭き掃除をさせるそうです。 意外と子どもは集中力を発揮し、かなりピカピカにしてくれるそうですよ。 子どもが集中している間に、ママは他のところをババっと終わらせてしまうそうです。

サンタクロースをいつまで信じる?

皆さん、こんにちは!すっかり寒くなり、毎朝布団が恋しい季節となりました! 我が家の娘も、ヤドカリのように布団にくるまりなかなか起きず、朝は毎日起こすのにひと苦労です。 温かい鍋料理などで免疫力をつけて、忙しい師走を元気に過ぎして行きたいものですね。 話は変わりますが、もうじきクリスマス! 皆さんは、どんなクリスマスを過ごすご予定でしょうか? クリスマスと言えば、クリスマスプレゼント! 「今年は、どんなプレゼントをあげようか」と毎年悩みますよね。 そもそも、子供たちはサンタクロースを、何歳まで信じるのかな?と考えたことはありませんか? そこで、今回は、『サンタクロースをいつまで信じるのか?』 皆さんと楽しく考えて見たいと思います。どうぞお付き合いください。 今回はこちらの記事を参考に考えてみたいと思います。 『MY Favorite Things これが、私のお気に入り~♪』 http://my-favorite-things.me/276.html クリスマスにサンタはいつまでくる?中止するには? クリスマスにサンタさんはいつまで来ますか? サンタさんがいるのかいないのか…。 サンタを信じて育った子供には本当にいるかいないか悩む時がきっと来ます。 親はそんなわが子へどうしてあげればいいでしょうか? クリスマスにサンタはいつまでくる? 子供のころ、サンタさんはいつまで来ましたか? 小学校も中学年高学年になってくれば、 学校でもサンタがいるかいないか、 言い合いになったり、信じているとなれば、友達にバカにされたり…となってきます。 信じている子供も「だって家にプレゼント隠す場所なん

子どもの海外留学について

皆さん、こんにちは!ママ職代表山﨑恵です。 あっという間に今年も残すところ一か月を切りました。 12月に入り、クリスマス、年末と見えてくるとあっという間に新しい年を迎えてしまいますね。 師走は忙しいと昔からよく言いますが、何かとあって仕事も子どもたちのことでも本当に「忙しい!」と実感する毎日です。 さて、突然ですが皆さんは我が子に海外留学を考えたことがありますか? 「うちの子はまだ幼稚園児だから考えたこともなかった」「大学生くらいになって本人が行きたいと言えば行けば良いじゃない?」そんな風に考える方も多いと思います。 最近子どもの海外留学について考えることが増えて来ました。 私が子どもの海外留学に興味を持ち始めたのは今から二年ほど前のことです。 私には、十数年仲良くさせて頂いている参議院議員の先生がいらっしゃいます。 毎回、お会いするたびに素晴らしいお話を聞くことが出来るのですが、その先生とお会いした時のことでした。 「最近の日本の教育も限界にきている。だからこそ、我が子を海外留学に行かせるのだ」と仰っていました。 それまで日本の学校のどこに入れるのがいいのかなと漠然ながらに未来について思案していた私にとって、この言葉は深く残りました。 結局、その先生は今年の4月からお子様をスイス留学させ、スイスの中学校に入学をさせたそうです。 情報通の先生が我が子のために選んだのがスイス留学というところで非常に興味が湧きました。 『留学』と聞くと、皆さんどんなイメージを持つでしょうか。 人によってさまざまだとは思いますが、子どもを一人で行かせるとなると真っ先に思いつくのが『留学先の安全』とい

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square