​ブログ

自己紹介の秘訣

皆さん、こんにちは! 平昌オリンピックご覧になっていますか? 男子フィギュアスケートが先週末にあり、とても興奮しました! 羽生結弦選手の2大会連続金メダル獲得。 宇野昌磨選手の初めてのオリンピックで銀メダル獲得。 お二人とも本当におめでとうございます! オリンピックという計り知れないプレッシャーに負けず、 本番で自分の持っている力を発揮し、メダルを獲得する強靭な精神力に脱帽です。 どうやったらこんなお子さんに育つのか、 お二人のお母様に子育てについてインタビューして見たいですね。 ママ達の多くは、4月の入園・入学・新学期に向けた準備等で慌ただしい時期に 突入し始めているかと思います。 入園、入学、クラス替え等でママ達同士も自己紹介をする機会が否応なくやって来ます。 今回は、第一印象で失敗しない為にも自己紹介をする際の秘訣について ご紹介させて頂ければと思います。 どうぞお付き合いください。 今回は、以下の記事を参考にしました。 ※参考:自己紹介のコツ5つ http://the5seconds.com/self-introduction-point-8714.html <自己紹介のコツは5つ> 1.笑顔 自己紹介が苦手と言う人は、まずは笑顔を意識しましょう。 笑顔を作る事で明るい印象を与えることが出来ます。 明るい印象を与える事が出来ると近づきやすいイメージを与える事が出来るので、 相手からも好印象を持たれやすくなります。 2.周囲に聞こえる声量で話す 自己紹介は、相手に自分がどんな人間なのかをプレゼンテーションする場なので、 自分だけが聞こえる声で話していても何の意味もありませ

人生が変わる絵本『あなたが世界を変える日』

皆さん、こんにちは。ママ職代表山﨑恵です。 昨日はバレンタインデーでしたね!皆さんはお子様や旦那様にプレゼントなどされましたか? 最近では友チョコから発展し、男子同士でもお菓子の交換をするとか。 日本のバレンタインデーはどうなっていくのか、ちょっと面白い気持ちでおります。 また心なしか息子がソワソワし出して 「そういえば昔は、男子も女子もこの時期はソワソワしていたなぁ~」なんて思い出す今日この頃です。 さて、今日は一冊の絵本をご紹介します。 『あなたが世界を変える日』 セヴァン・カリス=スズキ著(学陽書房) 私は、20歳の時にこの絵本に出会いました。 この絵本の冒頭 『今日の私の話にはウラもオモテもありません。 なぜって、私が環境運動をしているのは、私自身の未来のため。 自分の未来を失うことは、選挙で負けたり、株で損したりするのとはわけが違うんですから。』 という、文章があります。 なんとこの絵本は、大人を一蹴するところから始まるのです。 そして何より、私が一番感銘を受けたのは「あとがき」。 このあとがきを読んだ時、ドキドキして震えが止まらなかったのを今でも覚えています。 あとがきには、彼女が環境サミットで話すことになった経緯が書かれています。 1992年の6月11日、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロで、国連の地球環境サミットが開かれました。 当時12歳だったカナダ人で日系4世、セヴァン・カリス・スズキという少女が子供代表としてスピーチをしました。 彼女は元々サミットで話す予定ではありませんでした。でも、世界を変えるために、なんのあてもないのに動き出すのです。 一緒にやってくれる

第1回ママ職茶話会について

皆さん、こんにちは! 大寒波到来であっという間に1月が終わり、立春が過ぎると暦の上では春ですが 家族の健康を管理するママ達は、2月もまだまだ油断できませんね。 さて、今回はインフルエンザの猛威で参加された方が1名となってしまいましたが、 1月29日(月)に㈱Capybaraの事務所で開催された「第1回ママ職茶話会」のご報告をしたいと思います。 ところでこの茶話会、実はご登録いただいた皆様からの 沢山の声の後押しを受けて開催されることとなりました。 「登録したばかりでどうしたら良いのかさっぱり分からない!」 「在宅での仕事ってどんな感じなの?」 「実際にはどんな人が働いているの?」 などという声を沢山頂きます。 そんな不安や疑問を気軽に質問して、解消して頂き、納得してからお仕事をスタートして頂ければと思っております。 茶話会は堅いイメージを作りたくないので 『ザックバランにみんなでお話ししましょう! 』というコンセプトで開催しています。 ママ職スタッフもご登録頂いている方々と直接お会いすることで、お仕事の紹介に活かせていければという思いもあります。 今回ご参加された方の感想をお聞きしました! (Yさん お子様1歳) 一人の為にお時間を頂きまして、ありがとうございました。 (他の方ともお会いできるのを楽しみにしていたので、少し残念ではありましたが 感染病が大流行しているので難しいですよね。) 招待して頂いた身ではありますが、率直な感想を失礼します。 対応人数はいかがでしたか? 対応してくださったスタッフさんの人数はちょうどよく感じました。 フレンドリーな雰囲気でお話をしてくださった

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square