​ブログ

月より団子?!子どもと楽しむ今年のお月見♪

みなさん、こんにちは! 朝夕はめっきり涼しくなり、日中も過ごしやすくなりましたね。 夜には虫の音も聞こえてきて、いよいよ秋も深まる頃でしょうか。 空気も澄んできて、秋晴れの空はもちろん、夜空の星もキレイに見えますね。 (haruharu2さんによる写真ACからの写真) そこでみなさん!秋の夜長に、『お月見』なんていかがでしょうか? 今回のママ職ブログでは、子どもと過ごす『お月見』の楽しみ方をご紹介します! ★そもそも、『お月見』って? 子どもたちに伝えるためにもまずは、その由来を知っておきたいところですよね。 一年のうちで最も空が澄み渡る季節に、夜空に浮かぶ満月を眺めて楽しむ『お月見』。 『十五夜』とも言われている日本の秋の風物詩ですが、もともとは平安時代の貴族たちが月を眺めながら、 お酒や詩歌・管弦を楽しんでいたことが始まりと言われています。 それが江戸時代に入ってからは、無事に稲を収穫できた喜びを分かち合い、 感謝する日として庶民の間にも広まって定着していったようです。 (ガイムさんによる写真ACからの写真) そのため現在まで、月に見立てたものや収穫物をお供えし、収穫に感謝するという風習が残っています。 また昔から「子供は月のつかい」と考えられてきたことから、 地域によっては、近所の子供たちがお月見のお供え物を盗み食いすることを歓迎する、 という日本版ハロウィンとも言える独特な風習が残っているところもあるそうですよ! ★いつあるの? 一般的なお月見はもともと、十五夜=旧暦の8月15日に行うものとされていました。 そのため新暦となっている現在では、その年によって十五夜の日にち

昔の人達が思い描いた未来の世界

みなさん、こんにちは。 さて、突然ですがみなさんは、今から100年先の未来はどうなっていると思いますか? (acworksさんによる写真ACからの写真) また、みなさんが子どもの頃に描いていた未来の世界と、現実の世界はどうでしょう。 筆者は、子どもの頃『ノストラダムスの大予言』を知り、 2000年の予言年は自分が生きている時代だ!と気付いてかなりドキドキしていました(笑) ノストラダムスの大予言ではないですが、実は過去の人たちも未来の世界に対し、 様々なことを思い描いていました。 今回はちょっと面白い、そんな未来予想をピックアップしたいと思います! ★『二十世紀(にじっせいき)の豫言(よげん)』がすごい! 『二十世紀(にじっせいき)の豫言(よげん)』というのは、 1901年(明治34年)報知新聞に掲載した未来を予測した記事の題名です。 (うれシーサー♪さんによる写真ACからの写真) 全部で23項目あり、そのうちの半分以上が完全に実現、または半分実現などとなっています。 いくつかご紹介しますね。 ●『無線電信及電話』/『人聲(ひとこえ)十里に達す』 電気の力で海外にいる人とも声が届けられるようになる、と考えられていたようです。 まさに、携帯電話の普及や国際電話がこれに当たりますね。 ●『遠距離の寫眞(しゃしん)』/『寫眞(しゃしん)電話』 こちらは、写真をカラーで送れるようになるということです。テレビなども該当します。 テレビ電話はもちろん、最近ではリモート会議も当たり前の時代になりました! ●『暑寒知らず』 新機器が発売され、調和した空気が送られると考えられていました。 まさに

気にしてますか?子どもの「正しい姿勢」は今のうちに!!

みなさん、こんにちは! ようやく暑さが和らいできたと思ったら今度は台風で、なかなか気が休まりませんね。 穏やかな日常が待ち遠しい今日この頃です。 (旅先の写真家さんによる写真ACからの写真) ところで、今回の台風のように悪天候の日や危険なほどの猛暑の日など、 子どもたちが外遊びできない日は、家の中で何をして過ごしていますか? やはりテレビゲームをする子が多いでしょうか。読書をする子も少なくないでしょう。 そこで注目したいのが、その時の子どもたちの「姿勢」です! ゲームや読書に熱中すると、子どもたちの姿勢は悪くなりがち。 毎日毎日注意しない日は無い!と言うママさんも大勢いらっしゃると思いますが、 今回のママ職ブログでは、子どもの「正しい姿勢」の重要性や 姿勢改善の方法についてピックアップしてみたいと思います。 (みっく―さんによる写真ACからの写真) ★なぜ「正しい姿勢」が良いの? 「正しい姿勢」のメリットは、その見た目の美しさだけではありません。 子どもの生活に関わるところでは、 ・ブレない身体の軸ができることにより、運動能力が向上し怪我の予防につながる ・呼吸が深くなることにより、腸内環境が整い健康につながる ・落ち着いた精神状態を維持でき、心の安定につながる などのメリットがあげられます。 ということは、普段から姿勢が悪いと、怪我や病気をしやすく、心も不安定に… このような状態が長く続いてしまうのは、好ましくありませんよね。 では、一刻も早く姿勢を改善するためにはどうすれば良いのか、ご紹介します! ★まずは子どもの生活環境を整えて! いくら姿勢を正したからと言っても、使って

本嫌いにはできない?頭の中の声『内言語』って何?

みなさん、こんにちは。 9月に入りましたね! まだまだ暑いことも多いですが、時折吹く風がすっと冷たく感じたりすると「秋だなぁ」と感じることもあります。 (nanairo125さんによる写真ACからの写真) とはいえ秋と言っても『食欲の秋』『スポーツの秋』など様々ですよね。 さて、今年はコロナウイルスの影響もあり、あまり外に出られないということもあるので 様々な秋の中でも『読書の秋』をポイントにしてみたいと思います。 みなさんは、本を読むのは好きですか? 「好き」という人と「嫌い・苦手」という人がいると思います。 では、その差って何だと思いますか? 実はそれ、本を読む時、頭の中で声が聞こえているかどうかの差だと言われているのです! (fujiwaraさんによる写真ACからの写真) 頭の中で声がするってどういうこと?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。 小学校などでは、黙読の時に「心の中で声を出して読みましょう」 と、いった指導をしている先生もいらっしゃるようなので 心の中で声を出して読む、といえばわかりやすいかもしれません。 普段、私たちが声に出している言葉は『外言語(がいげんご)』といい、 他人に向けて発している言語のことを指します。 対して心の中の声は『内言語(ないげんご)』といい、 声や文字として外に発声しない言語のことを指します。 例えば、買い物に行きレジが混んでいる時 (早く進まないかな~)(前の人、早く終わらないかな~)といった心の声が聞こえることはありませんか? そのように口に出さず、頭の中で言っている言葉が内言語なのです。 この内言語ですが、本を読んでいる時

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square