top of page

『アクティブリスニング』でより濃密な親子時間へ♪

みなさん、こんにちは!


いよいよ新年度がスタートしましたね!


引越や転職などで、新生活をスタートさせる方も多いことと思います。


満開の桜のもと、みなさんが素晴らしい門出を迎えられますよう、


心よりお祈り申し上げます。


(ぴぴふぉとさんによる写真ACからの写真)


さて、新年度や新生活のスタートで忙しい毎日ですが、


そんな中、みなさんは、親子時間をどのように確保していますか?


筆者はというと…子どもたちに話しかけられても、


「ちょっと待って!」の連発で結局後回しにしてしまうこともしばしば…


もっと親子時間を大切にしなければと分かっていても、


多忙を極めるこの時期は特に、そううまくはいきませんよね(汗)


そこで今回のママ職ブログでは、


『アクティブリスニング』というコミュニケーション技法を


ご紹介したいと思います!


何でも、『アクティブリスニング』を取り入れることができれば、


短い時間でも濃密な親子時間を過ごすことが可能になるのだとか。


一体どういうことなのか、ぜひご一読ください!



★『アクティブリスニング』って何?


『アクティブリスニング』は“傾聴姿勢”のひとつで、1950年代に


アメリカの臨床心理学者カール・ロジャース氏によって発表されました。


具体的には、会話の場面で可能な限り相手の話に注意を向け、


たとえそれが聴き手の経験や価値観と違っていても足し引きせず、


相手のメッセージ、感情、思考を相手の立場で理解しようとする技法です。


日本では積極的傾聴と訳され、もともとはカウンセリングの際に用いられる


コミュニケーション技法の一つとして活用されていました。


それが今では、子育てにおいて、子の自己肯定感、自立心、


社会的能力や学力、親子(さらに他者と)の信頼関係の基盤を築くためにも


有効であると考えられるようになり、


専門の書籍が出されるなどして注目を集めています。


(TicTacさんによる写真ACからの写真)



★具体的な方法は?


では、具体的にどんな“聴き方”が『アクティブリスニング』になるのか、


ここでは2つの手法を簡単にご紹介します。



1.バーバルコミュニケーション(言葉を使うコミュニケーション)


「YES」「NO」で答えられない質問(=オープン・クエスチョン)をしたり、


話し手の言葉をオウム返しのように繰り返したり(=パラフレーズ


してみましょう。


そうすることで、話し手が、話を聞いてもらえたと実感できるだけでなく、


聴き手にとっては、話し手が話す内容の理解にもつながります。


なお、オープンクエスチョンをする際は、


ぜひ“5W1H”を意識してみてくださいね。



2.ノンバーバルコミュニケーション(言葉を使わないコミュニケーション)


聞く姿勢や目線、表情や声のトーンなどによって、話し手がリラックスして


話せるような空間を作り出しましょう。


お互いのパーソナルスペースを守って、近すぎず離れすぎない距離感で、


話し手に身体を向けたり、適度に目線を合わせてみてください。


話し手の表情や声のトーンに合わせるだけでも、


理解されているという安心感を与えることができますよ。



もしも子どもが話しかけてきたときに、作業中の手を止められなかったり、


話を聞く時間がなかったりする場合には、“チケット制”がおススメです!


「〇時〇分~〇時〇分まで、おしゃべりタイム」などと書いたチケットを


渡すことで、子どもは楽しみに待っていてくれます。


10分程度の短い時間でも良いので、ぜひ試してみてください♪


(ちぬるさんによる写真ACからの写真)



★『アクティブリスニング』に必要な3つの心構え


先にご紹介した2つの手法、一つ一つをとってみれば簡単なことですが、


それらを実践するにあたっては、次のような3つの心構えが必要になると


言われています。



・自己一致


聴き手が、誠実かつ「ありのまま」の状態でいることです。


聴き手の誠実さや正直さが、話し手との信頼関係を作り上げます。


・共感的理解


話し手の立場に立ち、話し手と同じ視点で物事を理解しようとする


姿勢のことです。


世界観に共通点を感じた相手には、心を開きやすくなります。


・無条件の肯定的配慮


相手の言動や思考に対して、必ずしも賛同できなくても、


否定や評価をしない姿勢のことです。


そうすることで、話し手に「自分は大切にされている」という安心感を


与えることができます。



聴き手が、これらの心構えを持ち合わせていることにより、


話し手がリラックスでき、その結果、


自然と話し手から本音を引き出せるようになるのです。


(himawariinさんによる写真ACからの写真)



いかがでしたでしょうか。


今回ご紹介した『アクティブリスニング』の内容全てを一度に試すのは


難しいかと思いますが、子どもの方に身体を向けて、


目線を合わせるだけなら、すぐにでも実践できそうですよね!


みなさんも無理のない範囲で、できることから少しずつ試していただき、


より濃密な親子時間をお過ごしください♪



≪参考≫


島村華子 著『アクティブリスニングでかなえる最高の子育て』

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square