『ジョブ・クラフティング』で働きがいを見出そう!

みなさん、こんにちは!


10月に入り、空がぐんと高くなってきました。


ようやくお天気も安定してきたようで、


本格的な秋の到来といったところでしょうか。


これから見ごろを迎える紅葉が、今から待ち遠しいですね!



(テクスチャ写真素材LABOさんによる写真ACからの写真)


さて突然ですがみなさんは、『ジョブ・クラフティング』という言葉を


聞いたことがありますか?


『ジョブ・クラフティング』とは、退屈な作業や


“やらされ感”のある業務に関して、


その仕事のやりがいや満足度を高めるために、


自分の働き方に様々な工夫を加える手法のことをいいます。


毎日、家事も含めて、働きがいを感じながら仕事を楽しめたら、


とても理想的ですよね。


そんな『ジョブ・クラフティング』が近年、


ある理由で、注目を集めているそうなのです。


そこで今回のママ職ブログでは、


『ジョブ・クラフティング』が注目されるようになった背景や、


その具体的な方法などをお伝えしたいと思います!



★なぜ今、ジョブ・クラフティングなのか?


そもそも『ジョブ・クラフティング』は、2001年ごろに


アメリカの大学教授らによって提唱された概念です。


それが近年になって注目されるようになった背景には、


ビジネス環境の変化が大きく影響しているそうです。


例えば仕事の複雑化や、組織と従業員との関係性の変化、


社内外での人間関係の希薄化などが進んだことにより、


与えられた仕事をこなすだけでは


将来的なキャリアアップが見込めなくなったり、


仕事にやりがいを持ちづらくなったりするようになりました。


つまり、お金のためだけに働く時代は終わった、ということなのです。


だからこそ、個人のキャリア開発の重要性が高まり、


主体的に仕事を捉えて関わり方を見つめ直し、


1つひとつの仕事を意味づけていく、という『ジョブ・クラフティング』が


注目されるようになってきたのです。


(だだACさんによる写真ACからの写真)



★取り組むための3つのポイント!


では早速、個人で取り組める具体的な方法をご紹介しましょう!


ここで重要になってくるのが、


「人間関係」「認知」「作業」という3つの視点です。


これら3つの視点を意識しながら、


次のような順番で取り組んでみてください。



1.人間関係クラフティング


 会社は「人」の集まりですから、意識を変えるにはまず


 人間関係へのアプローチから始めるのが効果的です。


 普段は交流の少ない他部署からの意見も聞いてみたり、


 同じ悩みを持つ同業他社の人との交流をしてみたり…


 社内外を問わず、コミュニケーションを工夫して


 良好な人間関係を築くことで、仕事に対する満足感を高めます。



2.認知クラフティング


 人間関係へのアプローチができたら、


次は仕事の捉え方や考え方を工夫し、


仕事にやりがいを持てるようにします。


 ただただ目の前の作業をこなすだけではなく、


 この仕事が自分の将来に与える意義を考える時間を作りましょう。


 自分の興味関心と結び付けると、考えやすくなるかもしれません。



3.作業クラフティング


 仕事に対する意識変換ができたら、


最後に具体的な仕事のやり方を変えてみましょう。


まずは自分のタスクを全て洗い出し、その範囲や量が自分の力量に


見合っているかを確認してみてください。


もしも抱え込みすぎているのであれば上司と相談したり、


逆に少なければ新たに仕事を作り出したり…


 また、このやり方が当たり前だと思っていたことでも、


少し視点を変えるだけで効率的になることもあるはずです。


 仕事の中身がより充実したものになるよう工夫しましょう。


(fujiwaraさんによる写真ACからの写真)


★お手本は、あのテーマパーク!?


先ほど具体的な取り組み方をご紹介しましたが、


なかなかイメージが沸きにくい…


という方も多いかと思いますので、ひとつ例をあげてみましょう。


この『ジョブ・クラフティング』の成功例として有名なのが、


東京ディズニーランドで働く掃除係です。


掃除係と言えば、どうしてもルーティンワークになりがちで、


モチベーションを保つのが大変そうなイメージですが、


東京ディズニーランドでは「カストーディアルキャスト」


(custodial:管理、保管)という魅力的な名前で呼ばれています。


さらに、ただ黙々と掃除するのではなく、


自分の能力を活かして自ら工夫し、


来場者と積極的に交流しながら園を盛り上げているのです。


テーマパークという特殊な職場ではありますが、その働き方は、


『ジョブ・クラフティング』の最高のお手本になると思いませんか?


(ゆるまるさんによる写真ACからの写真)



いかがでしたでしょうか?


これまでの仕事との向き合い方は、


そう簡単に変えられるものではないと思いますが、


まずは、身の回りの些細な要素から変えてみたり、


ひとつだけ新しいチャレンジを取り入れてみたり…


すぐに実践できる小さなことを見つけて、


とりあえず取り組んでみると良いかもしれません。


また、慣習や前例になるべくとらわれないことも大切です。


より効率的なやり方や、より意欲的に取り組めそうな方法を


思い切って取り入れてみると、意外な発見があるかもしれません。


ぜひみなさんも、今まで以上に仕事を楽しめるように、


まずは小さなことから始めてみませんか?



≪参考≫


Habi*do通信(ジョブ・クラフティングでなくす「やらされ感」 ~3つの観点を知って、仕事にやりがいを~)


厚生労働省コラム(ジョブ・クラフティングについて)


STUDY HACKER(ジョブ・クラフティングとは?4ステップで働きがいを見つけよう!)

特集記事
最新記事