top of page

『リラックスできる絵本』で新生活の緊張をほぐそう♪

みなさん、こんにちは!


今年は桜の開花が早く、あっという間に葉桜の季節になりました。


数年ぶりに“制限無し”だったお花見、みなさんは楽しめましたか?


次はゴールデンウイークが待っていますね!


これから計画を立てるというご家庭は、


ぜひ前回のブログをご参考になさってください♪


(参考:ママ職ブログ『お出かけ解禁のGW!2023年イベント情報』)


(aoitaさんによる写真ACからの写真)


さて、4月も3週目になると、


新年度の慌ただしさも少しずつ落ち着き、


新生活にも慣れてくる頃かと思いますが、


「なかなか緊張がほぐれない…」という方、少なくないと思います。


それはきっと、子どもたちも同じですよね。


そこで今回のママ職ブログでは、


親子で読んで“ほっ”とリラックスできる、


そんな絵本をいくつかご紹介したいと思います♪



まずは、研究に基づいた呼吸法などが取り入れられた絵本で、リラックス。


★『すって はいて ラッコくん』



著:ローリー・ライト  絵:マックス・スターズク  


訳:大前 泰彦  出版社:ミネルヴァ書房


舞台は、広い海に浮かぶ岩の上。


ある時、ラッコと人魚が並んで寝転んでいると、


空からカモメの羽が落ちてきました。


ふうーっと大きく息を吹きかけると、羽は再び空に舞い上がります。


もう一度、大きく吸って、大きく吐いて…


おなかも、大きく膨らませたり、ぺちゃんこにしたり…


ぜひ、お子さんと一緒にごろんと仰向けになって読んでみてください♪


読み進めるだけで、効果的なリラクセーションを実践できる一冊です。



★『よるくまシュッカ』



著:エミリー・メルゴー・ヤコブセン  訳:中村 冬美


出版社:百万年書房


こちらは、“瞑想の呼吸法”をもとにした仕掛けが随所にある、


デンマークでベストセラーの絵本。


物語の(.......)部分にはお子さんの名前を入れて読むことができます。


お子さんが、くまのシュッカにぴったりくっついたら、


“ねむりの森”への旅がはじまります。


シュッカと一緒に「ふあーぁ」とあくびをしたり、


お子さんとぴったりくっついたりしながら読めば、


心も体もほんわか温まって、緊張もほぐれますよ♪



お次は、空を見上げて“ほっ”と一息。


★『空の絵本』



作:長田弘  絵:荒井良二  出版社:講談社


絵本に広がっているのは、何でもない自然の景色。


そこに、雨の音、風の音、光の動きが重なります。


「だん だだん だんだん 雨はつよくなり…」


やがて過ぎ去る嵐のあとには、どんな空が待っているのでしょうか。


本作の絵を手掛けた荒井良二さんによる、



毎日いろんな表情で私たちを包んでくれる空。


ありふれた景色かもしれませんが、だからこそ、ふと見上げたときに、


“ほっ”と心を和ませてくれるのです。



最後は、とにかく笑ってリラックス!!


★『もうぬげない』



作:ヨシタケシンスケ  出版社:ブロンズ新社


子どものころ、服が引っかかって脱げなくなったことありませんか?


そんな、誰もが経験する一瞬を題材にしたこの絵本。


“ぼく”もそのうちのひとりだけれど、


「だいじょうぶ!ぼくはずっとこのままでいよう!」


…でも、どうやって?


愛らしさ・たくましさ・ユーモアあふれる“ぼく”の妄想や行動に、


大人も子どもも笑いっぱなしの一冊です♪



★『おならうた』



原詩:谷川俊太郎  絵:飯野和好  出版社:絵本館


何故だかわからないけれど、無条件に笑ってしまう“おなら”。


この絵本には、いろんなシチュエーションの“おなら”が


つまっていますよ♪


「いもくって ぶ」


「すかして へ」


「わらって ぴ」…


谷川俊太郎さんのリズミカルなわらべ歌と


飯野和好さんがコミカルに描く状況設定に、


おもわず「ぷっ」と笑ってしまうこと間違いなし!


頭のガス抜きにぴったりな一冊です。



いかがでしたでしょうか。


朝、仕事や学校に行く前に、


お仕事の合間に一息つきたい時に、


夜、眠る前に親子で一緒に…


ぜひ、今回ご紹介した絵本を読んで、


緊張でカチコチになった心と体をほぐしてみてください♪



≪参考≫






特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
bottom of page