『七五三』の由来や歴史って?海外ではどうしてる?

みなさん、こんにちは!


秋の日はつるべ落としと言うように、すっかり日脚が短くなりましたね。


一日の寒暖差が大きくなるこの季節、より一層体調管理に努めて、


元気に過ごしていきましょう!


(toco-gさんによる写真ACからの写真)


さて、少し気が早いかもしれませんが、来月の15日は、


子どもたちの健やかな成長を祝う『七五三』ですね。


『七五三』と言えば、昔から続く日本の年中行事ですが、


その由来や歴史をご存知でしょうか?


子どもにとって節目になる大事な行事だというのは分かるけれど、


詳しくは知らないまま、なんとなく過ごしている…


という方も少なくないと思います。


そこで今回のママ職ブログでは、


『七五三』の由来や歴史についてお伝えしたいと思います!


また、海外での『七五三』についてもご紹介します♪



★はじまりはいつ?


七五三の歴史は古く、平安時代にまで遡ります。


当時は、「7歳までは神の子(7歳まではいつ死んでもおかしくない)」


と言われるほど乳幼児の死亡率が非常に高く、


子どもが健康に大人に成長するということは、


とても幸運なことであると捉えられた時代でした。


それゆえ、子どもの成長を祈祷することがとても大切にされていたのです。


もともとは宮中や公家の間で行われていた儀式ですが、


江戸時代ごろには武家や裕福な商人にも広まり、


やがて明治時代になると、「七五三」と呼ばれ庶民にも広がったそうです。


そして大正時代以降に、現在のような形ができあがったとされています。


また、11月15日に行われるようになったのは、


江戸時代の将軍である徳川綱吉が、


この日に長男の健康を祈ったためとされていたり、


その日は鬼が出歩かない吉日だったためとされていたり、


11月は収穫を終えてその実りを神に感謝する月でもあったことから、


その月の満月にあたる15日に行われるようになった…など、


その所以は諸説あるようです。


(ひさノリダーさんによる写真ACからの写真)


★7歳・5歳・3歳なのはどうして?


地域によっては違うところもあると思いますが、


男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳でお祝いをする、


というのが一般的に知られていることと思います。


これはもともと平安時代にはじまった、次の3つの儀式が


時代に即して変容していったものとされています。



●髪置き(かみおき)の儀…3歳の男の子、女の子


平安時代には、3歳ごろまでは男女ともに丸坊主で育てる、という


風習がありました。


これは頭を清潔に保つことで病気を予防し、


後に健康な髪が生えてくると信じられていたためです。


そして3歳の春を迎えるころ、髪を伸ばし始める「髪置きの儀」が


行われ、子どもの健やかな成長と長生きを願いました。



●袴着(はかまぎ)の儀…5歳の男の子


当時の正装である袴を、大人のように初めて身につける儀式です。


当初は男女ともに行っていた儀式でしたが、


江戸時代から、「天下取り」や「四方の敵に勝つ」という願いも込めて、


男の子のみの儀式に替わったようです。


この儀式は、現代の皇室でも行われているそうですよ。



●帯解(おびとき)の儀…7歳の女の子


鎌倉時代に、それまでの紐付きの着物にかわって本裁ちの着物を身につけ、


大人と同じように帯を結び、一人前の人間として


社会に認められる儀式がはじまりました。


当初は9歳の男女に行われる儀式でしたが、江戸時代に入り、


男の子は5歳で「袴着の儀」を、女の子は7歳で「帯解きの儀」を


行う形へと変わっていったようです。



どの儀式も、子どもたちの健やかな成長や、


将来の幸福を祈る、大切な儀式だったということが分かりますね。


(ちゃぁみいさんによる写真ACからの写真)


★海外ではどう過ごしている?


ところで、海外にも『七五三』のような行事はあるのでしょうか?


調べてみると、複数の国で似たような行事があるようなのです。


ここからは、その一部をご紹介しますね。



●ポーランド…コムニア/8歳


カトリックの国であるポーランドでは、毎年5月に、


8歳前後の子に行われる「コムニア」と呼ばれる宗教行事があります。


これは、カトリックという共同体に仲間入りし、


大人と同じ扱いを受けるための大切な行事です。


男の子はスーツ、女の子は白いドレスのようなワンピースを着て正装し、


教会での儀式に臨み、その後はレストランやホテルで


盛大なパーティーが行われます。


その後は、1週間ほど連続で教会へ通うことが義務付けられています。



●スペイン、メキシコ…プリメラ・コムニオン/9歳前後


ポーランドと同じく、カトリックの国であるスペインでは、


「プリメラ・コムニオン」という儀式が行われています。


これは、カトリックの教えを理解した子どもたちが、


正式にキリスト教徒になる儀式です。


決まった年齢はありませんが、この儀式の前に、洗礼を受けていることや、


2~4年間の「カテキズム」という授業を受けることが必要なことから、


9歳前後で行われることが多いのだとか。


こちらも、儀式の後には盛大な食事会を開催するそうです。


(littlebylittleさんによる写真ACからの写真)


いかがでしたでしょうか?


お祝いの仕方は、時代や地域、国によって様々ですが、


子どもの健やかな成長を願う親の気持ちは、


やはりいつの時代も、どんな国でも同じですね。


どの子どもたちも、健康に、幸せに暮らせますように!



≪参考≫


・萌文書林編集部 編『〈新訂版〉子どもに伝えたい年中行事・記念日』


・田中宣一、宮田登 編『年中行事辞典〈改訂版〉』


・細野敏彦 編『子どもと楽しむにっぽんの歳時記』


・辰巳渚 著『家族で楽しむ25の年中行事』


・七五三に相当するようなお祝い事情

特集記事
最新記事