top of page

あなたの家はどんな家紋?家紋のアレコレ

みなさん、こんにちは!


最近では気温の変化が激しいですね。


暖かい日があったかと思えば、とても寒くなったりして


身体がずっと疲れている感じがします。


筆者の子どもが通う小学校でも


ここにきてインフルエンザなどの発熱により


学級閉鎖や学年閉鎖などが多くみられるようになってきました。


元気だよ!という方も、気を付けてお過ごしくださいね。



さて突然ですが、あなたは自分の家の『家紋』をご存じでしょうか?


ご結婚されている方は、生家の家紋と婚家の家紋とありますが


どちらもわかりますか?


昔は嫁入り道具として、実家の家紋を入れた喪服を仕立てる


といったこともありましたが


今はそうした風習もほとんど見られないので


家紋といわれてもピンと来ないかもしれません。


今回はそんな身近なようで身近ではない


家紋を見ていこうと思います!



●『家紋』の歴史


家紋の歴史は意外と古く、さかのぼると縄文時代になる


という説があるようです。


みなさんも目にしたことがある、縄文土器。


土器に描かれている文様に、それぞれ意味があり


それが家紋のもとになったのでは?という説があるそうです。


とはいえ様々な説があるのですが、そのうちのひとつとして


家紋の始まりは奈良・平安時代の貴族からという説があります。


牛車や衣服に家紋を入れて、「自分のものだ」と


わかりやすくしたのだというのが一般的のようです。



その後、戦国時代になると武士の間にも家紋が広がります。


旗や陣幕、鎧や兜などに家紋を入れることで


戦の混乱の中でも、どの武将がどこにいるのか


武勲をあげたのが誰かといったものが


わかるように付けはじめたようです。


その後、江戸時代になり庶民にも広がるようになりました。


当時の庶民は苗字を持つことが許されていませんでしたが


家紋はOKとのことで、身分の差に関係なく


家紋を持つことが出来たようです。



●家紋のルール


家紋はなんとなく先祖代々伝わっているもの


というイメージですよね。


確かに、そうして現代まで伝わってきているものが多く


・その家に縁のあるものをモチーフにしている


・子孫に引き継がれている


ということが多いので


主に、その家や家柄を表すといったものになっていったようです。



でも実は、家紋にルールはありません。


法的に届け出るものではないので


使う・使わないも自由ですし、


なんなら自分で作ってしまってもいいのだそうです。


とはいえ、その家に伝わってきている家紋は


ご先祖様の想いが受け継がれてきた証拠なので


やはり大事に引き継いでいきたいものですよね。



●謎の裏家紋?


家紋には『裏家紋』と呼ばれるものがあるというのはご存知でしょうか。


表家紋と呼ばれるのは、みなさんが目にすることが多い家紋で


前述しているように家で代々引き継がれてきているものです。


これは、父から息子へといったように男性に引き継がれているものを


表家紋と呼んでいます。


対して裏家紋は女紋とも呼ばれ、


女系に引き継がれる家紋のことだそうです。


母親から娘に、嫁ぐ際に受け継がれ


主に西日本にその風習が見られるそうです。



また、主君から賜った家紋を裏家紋とすることもあったそうで


どちらの裏家紋についても明確なルールはないそうです。


地域や風習によっても、裏家紋があったりなかったり


後世に受け継がないということもあり


現在までに引き継がれている裏家紋は少ないそうです。


もし、あなたのおうちに裏家紋があるなら


是非大切に引き継いでもらえたらと思います。



いかがでしたか?


今ではあまり目にすることが少なくなった家紋ですが


歴史は古く、自分のご先祖様のルーツもわかるかもしれない


ちょっと面白いものだったんです。


また、家紋は様々な模様があり


とても複雑なものもたくさんありますが


実はコンパスと定規だけで描くことが出来、


そのデザイン性の高さは海外からも注目されているのです。


この機会に、改めて自分の家紋を調べてみるのも楽しいですね。




【参考】



Commentaires


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
bottom of page