おうちでもできる!アメリカ発の美術鑑賞教育法『VTS』

みなさん、こんにちは!


先週7日に二十四節気のひとつ「大雪」を迎え、


いよいよ本格的な冬がやってきます。


これからはクリスマスやお正月など、


楽しいイベントが目白押しで気も緩みがちですが、


新たな変異株が見つかった新型コロナウイルスや、


インフルエンザなども心配な時期です。


感染症対策にはより一層気を付けながら、


冬のイベントを楽しめると良いですね♪


(acworksさんによる写真ACからの写真)


さて、ママ職ブログではこれまでに、


様々な教育の取り組み方についてご紹介してきました。


例えば、


小中学生が大注目!起業家教育とは?


これからの教育方法?!STEAM教育ってなんだろう?


食べられる校庭!?『エディブルスクールヤード』とは


(エディブル教育)


などになりますが、


みなさんはどの内容が印象に残っているでしょうか?


お時間のある時にでもぜひ、上記リンクから、


過去のブログを読み返してみてください♪


そして今回も、“美術鑑賞教育法『VTS』”という、


これまでとはまた違う教育法をご紹介したいと思います!


こちらもぜひ最後までご一読いただき、


子育ての参考にしていただければ幸いです。



★アメリカ発!“美術鑑賞教育法”とは?


美術鑑賞教育法=VTS(Visual Thinking Strategies)とは、


ニューヨーク近代美術館の教育部部長フィリップ・ヤノウィン氏と、


認知心理学者のアビゲイル・ハウゼン氏が、


1980年代に開発した教育法で、


以前のブログでもご紹介した「STEAM教育」の


“A(Art)”の部分でもあります。


具体的には、絵画などの作品の解説や


キャプションなどによる情報に頼らず鑑賞し、


純粋に“作品から自分が何を感じるのか”を、


講師や他の鑑賞者同士で対話する、というもので、


日本語では「対話型鑑賞」とも訳されます。


今ではアメリカやヨーロッパをはじめ、


世界中の教育現場で採用されていて、


近年では、日本の教育現場や各地の美術館などでも


取り入れられるようになりました。


(himawariinさんによる写真ACからの写真)


このように、VTSが様々な国の教育現場で


取り入れられるようになった理由はというと、


どうやらVTSがもたらす“効果”に答えがあるようです。



★どんな効果が期待できる?


では、VTSがもたらす効果とは、


具体的にどのようなものなのでしょうか。


VTSでは主に絵画などのアート作品を鑑賞しますので、


美術への造詣を深めることができるのはもちろんなのですが、


そこに他者との自由な“対話”が加わることで、


「観察力」「批判的思考力」「コミュニケーション力」


などの複合的な能力を伸ばす効果があることが分かっています。


なぜこのような効果が期待できるのかというと、


アート作品が、鑑賞者の心を写す鏡のような役割を果たすからです。


例えば、同じアート作品を2日続けて鑑賞したとしても、


その日・その時の鑑賞者の心のありようによって、


そのアート作品から見えてくる世界や物語は違ってくると思いませんか?


このように、美術鑑賞を通して自分自身の心や価値観と向き合い、


そこから見えてくる世界や物語を他者に伝えたり、


逆に他者の世界観を受け入れたりすることで、


複合的な能力が育まれ、自己理解と他者理解にもつながるのです。


(月舟さんによる写真ACからの写真)


でも、VTSをはじめるには少しハードルが高そう…


と思っている方、ご安心ください!


実はおうちでも、簡単に取り組むことができるのです♪



★おうちでVTSを実践するには?


まずは、アート作品となるものを準備しましょう!


といっても、美術館にあるような額縁入りの絵ではなく、


おうちにある絵本や、お子さんが描いた絵や作品などでもOKです。


どんなものを準備すれば良いのか見当もつかない…という方には、


次のような絵本や、アートカードもおススメです。



結城昌子 著『ゴッホの絵本 うずまきぐるぐる』


(小学館ホームページより)

東京国立近代美術館「アートカード・セット」


(東京国立近代美術館ホームページより)



鑑賞対象となる作品さえ準備できれば、あとは簡単!


作者や作品の情報なしに、1つの作品をじっくり純粋に見ましょう。


その後、VTSでキモとなる、次の“3つの問いかけ”をするだけです。



1. この作品の中で、どんな出来事が起きているでしょうか?


2. 作品のどこからそう思いましたか?


3. もっと発見はありますか?



これら“3つの問いかけ”によって、


子どもたちの可能性がどんどん広がっていきます。


もちろん、質問をする側の私たちも、


子どもたちと同じように考え、伝えましょう。


質問しあったり、伝え合ったりすることで、


お互いの複合的な能力が高められますよ。


(十月さんによる写真ACからの写真)



いかがでしたでしょうか。



「美術鑑賞」というと、なんとなく敬遠しがちですが、


子どもたちが描いた絵や作品でもOKとなれば、


気軽に取り組めそうですよね!


また、今回ご紹介した“3つの問いかけ”は、


普段の何気ない親子の会話にも活かせます♪


お子さんとアートに触れる際にはもちろん、


普段の生活の中でもぜひ、参考にしてみてはいかがでしょうか。



≪参考≫


ヤノウィン・フィリップ 著『どこからそう思う?学力をのばす美術鑑賞―ヴィジュアル・シンキング・ストラテジーズ』


oriori/VTSってなに?NY発祥おうちでもできるアート教育で思考力を育てる【STEAM教育】


こどもまなび☆ラボ/アメリカ発の美術鑑賞教育法“VTS”は、観察力・批判的思考力・コミュニケーション力を育成する教育カリキュラム

特集記事