ギリシア神話とみる星空のススメ

みなさん、こんにちは!


突然ですが今日、11月8日が何の日かわかりますか?


『いい歯』の日だそうです。


が、実は『いい肌』の日でもあるそうですよ!


これから、寒くなってくるので歯はもちろん


肌もしっかりお手入れしていきたいですね。



さて、どんどん寒くなってくると


それこそ肌は乾燥するし、風邪もひきやすくなるからいやだなぁと


思っている方もいるのではないでしょうか。


でも、悪いことばかりではありません。


寒くなってくると、星が見やすくなります。


そこで、今回はただ星空を見上げるだけではなく


それにまつわるギリシア神話と合わせてご紹介します!



●冬は夜空を見上げよう!


ところで、なぜ寒い時期は夜空が見やすくなるのでしょうか。


ひとつは、空気が乾燥していること。


これは、水蒸気(湿気)が多いと景色が霞んで見えてしまうのだそうです。


そのため冬は、湿度が低く空気が乾燥しているので


遠くの景色が良く見えやすいのです。


そして、何より冬は夜の時間が長いですよね!


日が暮れるのが早いので、星を観察する時間もたっぷりあるのです。




●星座はいつつくられたの?


星座、と言えば星占いで使われている12星座が有名ですよね。


でもこの星座、いつ頃作られたのでしょうか?


実は、その歴史はかなり古く旧石器時代の洞窟壁画にも


星を観察して描いている痕跡があるのだそうです!


明るく光る星をつなぎ、そこに何らかを見立てることで


星の観察をよりしやすくしていたのだと考えられています。


ですが、星座の始まりというのは実はまだはっきりわかっていないのです。


ちなみに日本では明治初期ごろまで、『星宿』という


中国で作られた星座を使っていたんですよ!



●星座はいくつあるのか?


では、そんな昔から世界各地で星座の観察がされていましたが


星座はいくつあると思いますか?


実は、一時期130もの星座があったのだそうです!


前述した通り、紀元前から観察されていた星空ですので


中世から近世にかけて、学者たちが


新しい星座を作るのがブームになった時代があるのだそうですよ。


ただ、さすがに新しい星座が出来すぎて


混乱が起きてしまったため、整理されることになり、


20世紀になって88個へ統一されました。



●これから見られる有名な星座


まず、有名な12星座をご紹介しましょう。


こちらは、黄道という太陽の通り道にかかっている星座で


『黄道12星座』といい、星占いにも使われているものです。


星占いで使っているので、ついつい誕生月に


その星座が見られると思いがちですが実は違います。


詳しくは、占星術の話になるので割愛しますが


簡単に言うと誕生日の日に太陽と同じところに


位置していた星座が該当するのだそうですよ。


さて、そんな12星座ですが9~11月頃は


やぎ座、みずがめ座、うお座、おひつじ座が見られます。


他にも、カシオペヤ座、アンドロメダ座など


聞いたことがある星座も見られますよ。



12~2月頃にかけてはおうし座、ふたご座。


オリオン座はリボンの形で見つけやすいので


知っているお子さんも多いのではないでしょうか。


他にも、おおいぬ座、こいぬ座といった星座も見られます。



●神話で見る星座


それでは、実際に見える星座の神話をご紹介します。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~


ある時、川岸で神々の宴がありました。


そこで、陽気な森と羊飼いの神パンも出席し


得意の笛を吹いたりしながらその宴を楽しんでおりました。


ところが、そこに怪物が乱入するのです。


神々は大慌てで逃げました。


その時に、パンは魚の姿になり逃げようとしたのですが


慌てて上半身はヤギ、下半身は魚の姿となり逃げたのです。


その姿が面白いと、全知全能の神ゼウスにより


やぎ座となったということです。


ちなみに、同じ宴に出席していた


美の女神アフロディーテ(ヴィーナス)と


その息子エロス(キューピッド)は、魚の姿になり


離れないようお互いの尾にリボンを巻いて逃げました。


その姿がうお座の姿になったそうです。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~


やぎ座もうお座も、ご紹介した通り秋に見られる星座です。


南西のあたりにやぎ座が


南東のあたりにうお座が見えますが


あまり明るいわけではなく、


ちょっと地味な星々なので、都会では見辛いかもしれません。


お出かけの際に探してみるというのもいいかもしれませんね。




いかがでしたか?


今回は秋に見られる星座をご紹介しましたが


当然、星座は一年中、様々なものが見られます。


そして、どの星座にも神話があります。


星空を眺めながら、そうした神話と合わせて見ると


楽しく星を眺められますよ。


温かくして、ぜひ夜空を見上げてみてくださいね。



【参考】


星座を見つけよう


星座図鑑


88星座図鑑


星座の歴史(大崎生涯学習センター パレットおおさき プラネタリウム館)

特集記事
最新記事