値上がりラッシュで家計が大変!節約術で乗り切ろう

みなさん、こんにちは!


また一歩、冬に近付いてきたなぁと思うような


寒さを感じる日がどんどん増えてきていますね。


今年はコロナウィルスだけではなく、


インフルエンザとの同時流行が懸念されています。


今まで通りに、マスク・手洗い・うがいを徹底して


少しでも健康に過ごせるようにしたいですね。



さて、寒くなってくると必要なのは暖房。


ストーブや、エアコンなど様々ですが


これが意外と高額になってしまったりしますよね。


それでなくても、値上げラッシュで頭を抱える毎日です。


そこで、今回のママ職ブログでは


節約術をみなさんと一緒に見ていきたいと思います。




●2022年11月に値上がりするもの


2022年11月現在、乳製品が値上がりすると


テレビなどで取り上げられていますが


それ以外にも、お酒やお酢。


栄養ドリンクに、スナック菓子の値上げがあります。


お酒に関しては、つい先月の10月に


ビールが値上がりしたばかりなのですが


これに続いて日本酒や輸入酒類が値上がりするそうです。


マイナビニュースより)


実は今年、食品だけでも15000点以上が既に値上がりしています。


それに加えて、水道光熱費・日用品・レジャー費・交通費などなど、


身近なものがこれから来年にかけて値上がり予定なので


家計は本当に苦しくなるばかりですよね。




●節約を考えよう!


それでは、実際にどういうことをすれば


節約につながるのかを考えていきたいと思います。


まずは、生きる上で必要な食費で考えてみましょう。


ポイントは『値上がりの影響の少ない食品を選ぶこと』です。


実は農林水産省では、定期的に食品の小売価格を調査しています。


調査結果は毎週まとめられ、発表されていますので


それを参考に食材を見直してみるというのも良いですよね。



また、そうしたものを調べるのはちょっと手間だなと思いますが


調べなくてもなんとなく想像つく部分もあると思います。


例えば、現在円安が進んでいるので


どうしても輸入製品が高くなる傾向にあります。


となると、例えば小麦製品を控え


主食をパンではなくお米に変えるのもひとつの方法です。


肉類だと、鶏肉は今のところ


国産・外国産に限らずそんなに差はないと思われます。


他の牛肉や豚肉に比べて安価ですし


アレンジのしやすい食材なので、鶏肉を使うのも良いですよね。


他にも、ペットボトルを買わずに水筒を持って行くなど


工夫しながら乗り切っていきたいですね。


以前、ママ職ブログで野菜くずを使ったべジブロスや


リボベジについても取り上げておりますので


そちらも参考にしてみてくださいね。


(ママ職ブログ 『野菜くずを有効活用!?『べジブロス』とは』


(ママ職ブログ 『子どもとやってみよう!再生野菜リボベジ』



●塵も積もれば山となる


食費だけではなく、その他でも抑えられるのなら良いですよね。


車を持っていても普段あまり乗らない、という方は


思い切ってカーシェアリングに変えてしまうのも手です。


これだけでも、車の維持費が節約になりますよね。


また、スマホの料金プランや電気やガスなどは、見直してみましょう。


ご家庭によって変わりますが、


まとめてしまうと安くなる場合もありますよ。


家電製品は、思い切って最新のものに買い替えるというのも


エコ&節約につながるそうですので


ちょうど買い替える機会がきているものは


考えてみるのも良いですね。



また昔からの節約術が、改めて生きてくるかもしれません。


お風呂の残り湯を洗濯に使うと水道代の節約になります。


雑菌の繁殖が気になる、という方もいますが


洗濯機で使う場合、『洗い』のみで使って


『すすぎ』では使わなければ大丈夫なのだそうです。


お湯が温かいうちに使うと汚れも落ちやすいので、


雑菌の繁殖が少ない、入浴後すぐの残り湯を使って


洗濯を済ませてしまったり


汚れの酷いものだけ、お風呂の時に洗ってしまえば


洗剤や水も節約できそうですね。



暖房代の節約には、体の中の『首』のつくところを


温めると良いのだそう。


首周りはもちろん、手首、足首を温めておくと


血液が温められて身体がポカポカしてきますよ。


冬の場合は室温設定を1℃下げるだけで


5~10%電気代を節約できます。


身体を温めておくことは、免疫力のアップにもつながるので


寒くなるこの時期、一石二鳥ですよね!


(ママ職ブログ 『「温活」で脱低体温&免疫力アップ!!』



いかがでしたか?


今回ご紹介できたものはほんの少しですが


すぐに実践できそうなことを取り上げてみました。


これからますます家計が厳しくなっていきそうですが


工夫をしながら、賢く節約していきたいですね。




【参考】


農林水産省 『食品の価格動向』


東京くらしWEB 『生活関連商品等の価格動向』


マイナビニュース 『値上げの秋! 2022年11月から値上げするものは? 一覧でチェック - 乳製品は大幅値上げ』


東洋経済オンライン 『国内で販売されている主要商品の価格推移』

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square