top of page

成人を迎えたお子さんにも♪人生の節目に贈りたい絵本

みなさん、明けましておめでとうございます!


新型コロナウイルス感染症が第5類に移行されて


初めての年末年始となりましたが、


みなさまいかがお過ごしでしたでしょうか。


この度の能登半島地震により被災された皆様には、


謹んでお見舞い申し上げるとともに、


一日も早く平穏な生活に戻られますことを、心よりお祈り申し上げます。



さて、新年一発目のママ職ブログは、本日“成人の日”にスタート!


ということで今回は、子どもたちの人生の節目に贈りたい絵本を


いくつかご紹介したいと思います!


成人を迎えたお子さんへのプレゼントにもぴったりですよ♪


 

まずは、大きな夢とともに不安も抱える子どもたちを、


少しだけ支えてくれるように、との願いが込められた絵本から。


★『あなたがおとなになったとき』




文:湯本香樹実  絵:はたこうしろう  出版社:講談社


「あなたがおとなになったとき どんな歌がすきだろう」


「あなたがおとなになったとき あなたをささえるものはなんだろう」


―――子どもたちへ問いかけるようなメッセージが綴られた本作。


大切に大切に紡ぎ出された言葉たちと、奥行きのある味わい深い絵が、


読む人の心に染み渡ります。


すでに大人になった私たちにとっても、


折に触れ読み返したくなる一冊になりますよ!


 

続いては、“おとなのなかのこども”がコミカルに描かれた、この絵本。


★『おとなのなかのこども』




作:ヘンリー・ブラックショー  訳:井上 舞  出版社:化学同人


こどものみなさんへ――おとなの中にこどもがいること、知っていますか?


おとなのみなさんへ――自分の中にこどもがいること、忘れていませんか?


おとなの中にこどもがいるなんて、普段意識しないことだけに、


おとなが読んでも“はっ”と気付かされることが多い一冊です。


どんなに歳をとっても“遊び心”や“わくわくする気持ち”を


持ち続けることの大切さを教えてくれますよ。


 

お次は、親子の長い歩み、強いつながりを描いた物語。


★『わたしたち』




作:パロマ・バルディビア  訳:星野由美  出版社:岩崎書店


チリの国民的作家があたたかい色彩で描く、さまざまな生き物の親子。


その姿からは、親から子への深い愛情や優しいまなざしが


じんわりと伝わってきます。


さらに印象深いのが、たくさんの願いや想いが込められた


「わたしたち」という言葉。


親子のあるべき形に縛られることなく、それぞれが思う“なりたい自分”で


生きていくことの大切さを教えてくれる一冊です。


 

それから、全米でベストセラーとなり、10ヵ国以上で翻訳されている


話題の絵本もご紹介!


★『おかあさんはね』




文:エイミー・クラウス・ローゼンタール  絵:トム・リヒテンヘルド


訳:高橋久美子  出版社:マイクロマガジン社


「おかあさんはね ときどき かぜに おねがいするの」


という一文で始まる、祈りの絵本。


親なら誰しも抱いたことのある気持ち、


だけどなかなか口に出しては言えない気持ち―――


そんな気持ちを丁寧に言葉に表してくれたような一冊。


この絵本を通じてなら、きっと素直に伝えられますよ。


 

最後は、家族から“たいせつにされている”ということを


ひしひしと感じることができる、この一冊。


★『パパもママもボクがしんぱい』




作:神山ますみ  出版社:株式会社イマジネイション・プラス


「なんでだろう。


パパと ママは ボクの ことが いつも しんぱい。」


不思議に思ったボクはある日、おばあちゃんにきいてみた。


おばあちゃんから返ってきた答えは―――


優しい言葉と絵で綴られたこの絵本なら、


小さなお子さんと一緒に読むのも良いですね。


読み終えたら、心がほんわかとあたたかくなるお話です。


 

いかがでしたでしょうか。


入学、卒業、成人、就職…


これから子どもたちが迎える人生の節目に、


みなさんはどんなことを伝えたいですか?


伝えたいことはたくさんあるけれど、うまく言葉にできない…


そんな時にはぜひ、今回ご紹介した絵本をお手に取ってみてくださいね!


 

≪参考≫






Коментарі


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
bottom of page