新しい発見や学習にも?!漫画で世界を広げよう

みなさん、こんにちは!


今年は梅雨明けが早く、暑さが続いて大変…と思ったら


大雨が続くなど、最近は天気に左右されることが多いですね。


コロナウィルスも再び感染者数が増えてきています。


大人も子どもも、休む時にはしっかり休んで


体調を整えて夏を乗り切っていきましょうね。



さて、お子さんたちは夏休みに入ってきた頃ですよね。


宿題もありますが、ついつい遊びたくなってしまい


ゲームや漫画を読んでしまう…なんてことも。


漫画は今では世界に通じる日本の文化としても有名ですよね。


そんな漫画ですが、


学習につながる漫画がたくさんあるのはご存知でしょうか?


そこで、今回のママ職ブログでは


勉強にも役立つ漫画をご紹介したいと思います。



●やっぱり歴史漫画は外せない!


学習漫画と言えば、偉人や歴史の流れを描いた漫画を


思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。


人が営んできた歴史を漫画で学ぶのは、


流れもわかり頭にも入りやすいのでおススメです。



★キングダム


ヤングジャンプ キングダム特設サイトより)


著者:原 泰久


出版社:集英社


映画になっているので、ご存知の方も多いですよね。


中国・秦の時代の史実を題材にしており、様々な登場人物も魅力的です。


中国史は日本史とも関わってくるので、読んでおいて損はないですよ。



★テルマエ・ロマエ


KADOKAWA より)


著者:ヤマザキ マリ


出版社:KADOKAWA


こちらもドラマや映画になっていましたね。


古代ローマ人が現代日本にタイムスリップし


現代日本のお風呂文化に触れていく…というストーリー。


お風呂を通じて古代ローマ史を楽しく学べますよ。



●難しい文学も漫画で読めば楽しい♪


続いては、文学作品の漫画をご紹介したいと思います。


教科書に載るような文学作品は、堅苦しい印象で


いざ読んでみようと思っても、敷居が高く感じるかもしれません。


ですが、先に漫画で知っておけば原作も読みやすくなります。



★とりかえ・ばや


小学館より)


著者:さいとう ちほ


出版社:小学館


男女のきょうだいですが、双子のように顔がそっくり!


中身も逆のよう…とのことで、入れ替わることとなります。


原作は平安後期の『とりかへばや物語』です。


平安時代に、男女逆転の物語が作られていたなんて


面白いと思いませんか?



★えへん、龍之介。


講談社コミックプラスより)


著者:松田 奈緒子


出版社:講談社


芥川龍之介が主人公の漫画です。


どこか身近で憎めない芥川龍之介を知ると


実際に書いた作品も今までとは違って見えるかもしれません。



●世界は不思議で満ちている?!もっと学びたくなる面白漫画


見方を変えれば難しいことも、楽しく思えるかも?


そんなちょっと変わった視点の漫画をご紹介します。



★もやしもん


講談社コミックプラスより)


著者:石川 雅之


出版社:講談社


肉眼で菌が見えるという特殊な才能を持っている主人公。


その見える菌がデフォルメされていてとっても可愛いです。


普段は見えない菌に着目した面白い漫画ですよ。



★はたらく細胞


講談社コミックプラスより)


著者:清水 茜


出版社:講談社


アニメや子ども向けの絵本にもなっているので


知っている人も多いのではないでしょうか。


人の体内が街となり、赤血球や白血球、細菌などが擬人化しており


身体の仕組みや、病気のことなどが楽しく学べます。



いかがでしたか?


今回は、学習漫画としても楽しめる作品ということで


わかりやすそうな6作品をご紹介しました。


今回、参考にしたのは一般社団法人マンガナイトが主催し


公益財団法人日本財団が助成している


これも学習漫画だ!Manga Edutainment 世界発見プロジェクト


というサイトです。


こちらには、様々な作品が紹介されています。


夏休み、宿題の合間に漫画を使う方法で勉強するのも良いですよね。


今回ママ職ブログで紹介したもの以外にも


楽しい学習漫画がたくさんありますので


お子さんと一緒に、ぜひ楽しんでみてくださいね。



【参考】


これも学習漫画だ!Manga Edutainment 世界発見プロジェクト


一般社団法人マンガナイト


公益財団法人日本財団

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square