top of page

日本の『焼き物』いくつ知ってる?家族でお気に入りの器を見つけよう!

みなさん、こんにちは!


本日、7月10日は語呂合わせで“納豆の日”なのだそうです。


納豆をはじめ、おくらや山芋、なめこなどのネバネバ食材は、


暑さで食欲がない時でも食べやすいので重宝しますよね。


その上、整腸作用や胃の粘膜保護などの効果があると言われています。


夏本番に入る前に、ネバネバ食材を積極的に食事に取り入れ、


夏バテしない体づくりを心がけましょう!!



さて納豆といえば、みなさんはパックのままぐるぐる混ぜて食べますか?


それとも、器に移し替えて食べますか?


中には、産地にもこだわったお気に入りの器で!


という方も多いかもしれませんね。


というのも今、全国展開の大手生活雑貨店などで、


日本各地の個性的な焼き物(陶磁器)が人気を博しているのです。


そして、その人気ぶりは今や海を越えていて、日本の『焼き物』は


世界に誇れる文化のひとつとなっているようですよ。


今回のママ職ブログでは、そんな“日本の『焼き物』”にスポットを当て、


これまでの歴史や、代表的な産地・特徴などをご紹介したいと思います!


きっと、器選びがもっと楽しくなりますよ♪



★日本の『焼き物』のはじまりは?


日本の『焼き物』の歴史は、およそ1万年以上も前の縄文時代まで


遡ります。


そのはじまりは、屋外で低い温度で焼成する縄文土器


やがて古墳時代になると、朝鮮半島から新たな製陶技術が伝わり、


“ろくろ”や “窖窯(あながま)※”を使って、


より高温で焼成される須恵器が作られるようになりました。


≪※窖窯(あながま)=傾斜地の地面に穴を掘抜いて構築した窯のこと≫


その後、奈良時代には2種類の釉(うわぐすり)を使った、


緑と黄の色鮮やかな奈良三彩壺が登場します。


室町時代には“茶の湯”(=のちの“茶道”)が流行し、


焼き物が日本独自の特色を持つようになるなど、


日本の焼き物文化に大きな影響を与えました。


さらに江戸時代からは磁器が作られるようになり、


海外への輸出も始まります。


このように、日本の『焼き物』は時代の流れとともに


様々な技術を取り入れ、変化し、発展して、


現代まで受け継がれてきたのです。




★産地や特徴を知ろう!


その中でも、中世から現在まで約900年以上の歴史があり、


現在も生産が続いている6つの陶磁器窯は


“日本六古窯(にほんろっこよう)”と総称され、


次のような特徴があります。



1.越前焼/えちぜんやき(福井県越前町)


水漏れしにくく硬くて丈夫なのが特徴。


水がめや壺などの生活雑器として重宝されている。


2.瀬戸焼/せとやき(愛知県瀬戸市)


海外からも高い評価を得る、白く美しい素地が特徴。


食器を総称する“せともの”の語源。


3.常滑焼/とこなめやき(愛知県常滑市)


鉄分を多く含む粘土の性質を活かした均一な赤茶色が特徴。


“朱泥(しゅでい)急須”が有名。


4.信楽焼/しがらきやき(滋賀県甲賀市)


焼く過程で自然にできる色合いや模様(=窯変/ようへん)が特徴。


たぬきの置き物が有名。


5.丹波焼/たんばやき(兵庫県丹波築山市)


焼成中に灰がかかってできる模様(=自然釉/しぜんゆう)が特徴。


器の表面を削って稜線模様を付ける「しのぎ」という技法も有名。


6.備前焼/びぜんやき(岡山県備前市)


釉薬を使わない素朴な焼き上がりが特徴。


良質な粘土が原料のため、使い込むほどに味が出る。



また、これら日本六古窯も含め、国の「伝統的工芸品」に


指定されている焼き物は32品目(2022年3月時点)に上ります。


その中からいくつかピックアップしてご紹介します!



益子焼/ましこやき(栃木県)


肉厚でぽってりとした素朴なフォルムで、温かな手触りが特徴。


茶器や花器、酒器、皿などの実用的な器が多い。


美濃焼/みのやき(岐阜県)


日本で生産される陶磁器の50%以上のシェアを占める。


時代にあわせてさまざまな色や形の焼き物が誕生している。


九谷焼/くたにやき(石川県)


装飾文化の影響を受けた、豪華で鮮やかな絵付けが特徴。


皿・置き物・花器などが多い。


伊万里・有田焼/いまり・ありたやき(佐賀県)


ガラスのように滑らかな白磁と鮮やかな絵付けが特徴。


日本磁器発祥の地として400年もの歴史を持つ。


波佐見焼/はさみやき(長崎県)


透けるような白磁と、美しい藍色で描かれる絵付けが特徴。


重心を低くして作られた“くらわんか椀”が代表作。



この他の産地については、下記サイトなどで詳しく紹介されていますよ。





★陶器と磁器はどう違う?


ところで、『焼き物』は“陶磁器”とも言いますが、みなさんは


陶器と磁器を見分けることができるでしょうか。


最後は、陶器と磁器の違いについて見てみましょう!



【陶器】


主な原料:地中の粘土層から掘り出された粘土(陶土)


焼成温度:約1100℃~1200℃


吸水性:有り


風合い:土のぬくもりや素朴さがあり、厚手


丈夫さ:やわらかい


見分け方:光の透過性 ⇒ 無し


     たたくと ⇒ 鈍い音


     高台(※) ⇒ 茶色くざらざら


≪※高台(こうだい)=器の底にある、輪の形の部分≫



【磁器】


主な原料:長石や珪石など、ガラス質を含む石を砕いたもの(陶石)


焼成温度:約1300℃~1400℃


吸水性:無し


風合い:なめらかで洗練された印象、薄手


丈夫さ:丈夫


見分け方:光の透過性 ⇒ 有り


     たたくと ⇒ 金属製の高い音


     高台    ⇒ 白くなめらか



一見どれも同じように見える器たちでも、


こんなに違いがあったとは驚きです。


みなさんもぜひ、普段使っているお気に入りの器がどちらなのか、


見分けてみてください♪


その器のことをより知ることができて、愛着も増してきますね!



いかがでしたでしょうか。


素敵な食器は食卓を彩るだけでなく、気分も華やかにしてくれて、


さらにはお料理のおいしさも、より引き立たせてくれますよね。


みなさんも、ご家族それぞれにお気に入りの器を見つけて、


食事の時間をより豊かなものにしてみませんか?



≪参考≫




Commentaires


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
bottom of page