top of page

梅雨の時期こそ!仕込んでおきたい簡単発酵調味料

みなさん、こんにちは!


6月に入り、梅雨の季節が近づいてきますね。


じめじめとした湿気が増え、気分も体調も


少しずつ不調を感じやすくなる方も多いのではないでしょうか。


この時期を元気に乗り切るために、


食事から体を内側から整えてみませんか。


そんなときに注目したいのが「発酵食品」です。


発酵食品は腸内環境を整え、免疫力を高める効果があるため、


梅雨の時期にもピッタリです。


今回は、簡単に作れる「塩麹」と


「玉ねぎ麹」のレシピとその活用法をご紹介します。



 

★なぜ発酵食品が体に良いのか?


発酵食品は、微生物の力で食材が発酵する過程で生まれる成分が、


私たちの健康に多くのメリットをもたらします。


実は発酵と腐敗は、同じで、人間にとって益か不益かで分類されています。


発酵によって生成される乳酸菌や酵素は、


腸内環境を整え、消化吸収を助ける効果があります。


腸内は腸内フローラといって、沢山の菌がいることが良いとされています。


発酵食品にはビタミンやミネラルが豊富に含まれており、


これらが相互に作用して免疫力を向上させるので、


梅雨入り前に是非仕込んでおきましょう!



梅雨の時期によくおこる倦怠感やむくみ、


肌トラブルの予防にも繋がります。


さらに、発酵食品は保存が利くため、


忙しい日常の中でも手軽に取り入れることができるのも魅力です。



★ 簡単に作れる塩麹のレシピ


まずは、基本的な発酵調味料として知られる


「塩麹」の作り方をご紹介します。



材料


•米麹:100g(生でも乾燥でもOK)


•塩:35g(麹の35%がベスト)


•水:110ml



作り方


1.米麹と食塩をまんべんなくかき混ぜる(塩きり麹を作る)


2.水を塩麹のひたひたまで入れて混ぜる


3.よくかき混ぜ、予め熱湯消毒しておいた容器に入れ、


 蓋を軽く閉め、常温で10日~2週間程度発酵させる。


 この間、1日に1回程度混ぜること。


4.発酵が進んで塩麹がとろりとしたら完成。


 冷蔵庫で保存し、1ヶ月程度で使い切る。



【塩麹の使い方】


•肉や魚の漬け込み:塩麹に漬けることで、


 肉や魚が柔らかくなり、旨味が増します。


 特に、鶏肉や豚肉との相性が抜群です。


•ドレッシングやソース:塩麹をサラダのドレッシングや


 パスタのソースに加えると、 深みのある味わいになります。


•スープや煮物:スープや煮物の味付けに少量加えるだけで、

 

 コクが出て美味しさが増します。

 


★コンソメいらず!玉ねぎ麹のレシピ


(これは筆者が作った玉ねぎ麹です)


次に、少しアレンジを加えた「玉ねぎ麹」のレシピです。


玉ねぎ麹は、玉ねぎの甘みと麹の旨味が合わさり、


万能調味料として幅広く使えます。



材料


•玉ねぎ:1個(約300g)


•米麹:100g


•塩:35g



作り方


1.玉ねぎの皮をむいて水洗いをして計量。


 出来上がりの塩分濃度が変わるので、しっかりと量り、すりおろす。


2.米麹と塩を加えてよく混ぜる。


3.1と2を予め熱湯消毒した密閉できる容器に移し、


 空気が抜ける程度に蓋を軽く開けたまま


 室温で4日~1週間発酵させる。毎日1回かき混ぜる。


4.発酵が進み、色は玉ねぎのやさしいピンク色や


 ベージュに変化してきたら完成。


 冷蔵庫で保存し、1ヶ月程度使用可能。



【玉ねぎ麹の使い方】


•炒め物:野菜炒めやチャーハンに加えると、甘みと旨味が引き立ちます。


•マリネ:玉ねぎ麹とオリーブオイルを混ぜて、


 魚や鶏肉のマリネ液として使用すると絶品です。


•ディップソース:クリームチーズやマヨネーズと混ぜて、


 野菜スティックのディップソースとしても楽しめます。



★発酵食品を日常に取り入れるコツ


発酵調味料は、どうやって使ったらいいの?


と思う方もいらっしゃるかもしれません。


普通のお塩と同様に使ってOKです。


そのまま使うだけでなく、他の料理と組み合わせることで


さらに美味しさと健康効果を高めることができます。


例えば、サラダに塩の代わりに


塩麹をドレッシングとして使ったり、


スープにコンソメ代わりに玉ねぎ麹を加えるなど、


日常の料理に少しずつ取り入れてみてください。


また、発酵食品は保存が利くため、


一度に多めに作っておくと便利です。


忙しい日常でも、手軽に健康的な食事を楽しむことができます。


お肉をつけておくだけで柔らかくなり、


旨味も増えると良いことづくめです。


 

梅雨のじめじめとした季節を乗り切るために、


発酵食品を取り入れて体の内側から健康を保ちましょう。


簡単に作れる塩麹と玉ねぎ麹は、


どちらも発酵食品の力を手軽に取り入れられる優れた調味料です。


ぜひ、この機会に仕込んでみてください。


そして、梅雨の時期を元気に過ごしましょう。

 

 

出典:


塩麹レシピ


玉ねぎ麹レシピ

留言


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
bottom of page