現代に欠かせない能力『メディアリテラシー』って何?

みなさん、こんにちは!


まだ梅雨明け前なのに、もう夏本番かと思うほど蒸し暑い毎日ですね。


洗濯物の生乾きや、カビの発生に悩まされますが、


この時期、健康管理にも油断大敵です!


以前のママ職ブログ(油断大敵!梅雨の時期の健康管理)で


解消方法などを取り上げていますのでぜひご覧いただき、


お子様はもちろん、みなさんもどうかご自愛ください。


(犬塚さんによる写真ACからの写真)


さて突然ですが、みなさんは『メディアリテラシー』という言葉、


聞いたことがありますか?


現代社会に欠かせないある能力のことを指す言葉なのですが、


昨今のアメリカ大統領選や新型コロナウイルスをめぐって、


フェイクニュースやデマが広がったことをきっかけに、


日本でも注目度が上がっているようです。


そこで今回のママ職ブログでは、そんな「メディアリテラシー」について、


詳しく掘り下げてみたいと思います!



★なぜ今『メディアリテラシー』なのか?


今や触れない日は無いと言って良いほどに、


インターネットが普及した便利な世の中となりましたよね。


このインターネットをはじめとした、テレビやラジオ、


新聞や雑誌などの「メディア」は、そもそも「人」の手で作られています。


「人」の手で作られているということは、


時には「間違い」が発信されることもあります。


そしてこの「間違い」に紛れて、


真っ赤な「ウソ」の情報が潜んでいるのも事実です。


これらの「間違い」や「ウソ」に私たちが騙されてしまうと、


最悪の場合、命に関わることになったり、


他の誰かを傷つけてしまったりすることもあるのです。


だからこそ、これからを生きる子どもたちはもちろんのこと、


親である私たちにも、大切な子どもたちを守るために、


「メディア」と正しく接するための能力が必要となります。


それが『メディアリテラシー』なのです。


(oldtakasuさんによる写真ACからの写真)



★「メディア」は分かるけど、「リテラシー」って何?


『メディアリテラシー』という言葉は2つの英単語で成り立っていて、


簡単に直訳すると次のようになります。



・メディア(media)  = 情報を伝える手段


・リテラシー(literacy)= 字を読み書きする能力



そしてこれら2つが合わさることで、


「メディアを批判的に読み解く」とか、


「メディアを主体的に受け取る」という意味になります。


つまり、情報をそのまま信じて受け取るだけではなくて、


色々な視点から考えたり、推理や想像力を働かせたりして、


その情報をよく分析する、ということなのです。


ちなみに総務省では、『メディアリテラシー』のことを、


次のように定義しています。



次の3つを構成要素とする、複合的な能力のこと。


1.メディアを主体的に読み解く能力。


2.メディアにアクセスし、活用する能力。


3.メディアを通じコミュニケーションする能力。


 特に、情報の読み手との相互作用的コミュニケーション能力。


総務省ホームページから抜粋)



定義づけすると少し難しく感じてしまいますが、


簡単に言うと、「メディア」と正しく向き合い活用する能力、


といったところでしょうか。


ちなみに同省ホームページでは、


メディアリテラシーの向上と普及を目的に、


教材の開発や貸し出し、ホームページでの掲載が行われていますよ。


こども向けのページも作られているようですので、


ぜひ、お子さんと一緒に覗いてみてください♪


(coji_coji_acさんによる写真ACからの写真)



★「ソ・ウ・カ・ナ」チェックで身を守る!


では、「メディア」と正しく接していくためには、


具体的にどのようなことをすれば良いのでしょうか?


ここでは、白鷗大学教授の下村健一さんが監修された書籍


『マンガでわかる世の中の「ウソ」から身を守る』にあった、


“「ソ・ウ・カ・ナ」のおまじない”をご紹介します。



「ソ」…即断(「ソ」くだん)するな


    初めて知る話が本当かウソかなど、判断できなくて当たり前です。


    こういう時は一旦、保留にしましょう。


「ウ」…鵜呑み(「ウ」のみ)にするな


    情報の中には、伝え手側の意見や印象も


混ざりこんでいることがあります。「情報」と「意見や印象」は


    切り離して受け取るようにしましょう。


「カ」…偏る(「カ」たよる)な


    情報は角度によって見え方が変わることがあります。


    1つの面だけを見て決めつけないようにしましょう。


「ナ」…中(「ナ」か)だけ見るな


    隠されている部分に気づかずに、騙されてしまうことがあります。


    視野を広げて、大きな景色を感じてみましょう。



このような簡単な“おまじない”であれば、


子どもたちも自らチェックすることができそうですよね。


初耳の話に出会ったときには、


ひとまずこの「ソ・ウ・カ・ナ」のおまじないをつぶやいてみましょう!


(bBearさんによる写真ACからの写真)



いかがでしたでしょうか?


実は昨日、6月27日は、『メディアリテラシーの日』でした。


1994年のこの日に発生した松本サリン事件で、


事件現場近くに住む無実の男性が、


マスコミにより犯人扱いされる報道被害があったことに由来し、


株式会社テレビ信州によって制定された記念日だそうです。


この機会に、メディアとの正しい接し方について、


家族で話をする時間をつくるのも良いですね。



≪参考≫


総務省(情報通信政策)


森達也 著『フェイクニュースがあふれる世界に生きる君たちへ』


下村健一 監修『マンガでわかる 世の中の「ウソ」から身を守る』

特集記事
最新記事