top of page

理想を引き寄せる?予祝ってなんだ?

みなさん、こんにちは!


明日、11月23日は勤労感謝の日ですね。


いつもお仕事はもちろん、


家事に育児にと頑張っているみなさんなので


少し自分ご褒美を用意してみてはいかがでしょうか。


改めて、いつもお疲れ様です!



ところで、みなさんの理想や願いはありますか?


人は何かしらの理想や願いがあると思います。


では、その理想や願いを叶えるためにはどうしたらいいでしょう?


そんな願いや理想を引き寄せる方法を


『予祝』というのですが、みなさんはご存知でしょうか?


実は、ママ職代表山崎恵も以前


予祝会のブログを書いています。



山崎の想いはもちろんのこと、予祝をやってみようかな


と、思えるのでぜひ今回のブログと合わせてご覧くださいね!


今回は、そんな『予祝』をご紹介していこうと思います!



●古代から伝わる引き寄せの法則


『予祝』(よしゅく)は読んで字のごとく、『予め祝う』と書きます。


それは、願いや理想がかなった未来の姿を


先に祝うことで、現実に引き寄せるという


いわゆる『引き寄せの法則』というものです。


そんなこと言われても、なんだか難しそう…。


なんか怪しくない?!


と、思うかもしれませんが


実は意外と予祝は身近なものなのです。


みなさんも一度はやっていると思いますが


例えば、お花見。



元々、満開の桜の花を秋のお米の豊かな実りに見立て


仲間たちとお酒を飲み、美味しいものを食べ


豊作を先に祝っていたのが花見の起源と言われています。


他にも、盆踊りも秋の豊作を予祝した


喜びのダンスと言われていたり


家を建てる際の上棟式に行う餅まきも予祝だそうです。


古代から、日本人はこうして予祝を生活の中に


自然に取り入れていたのです。



●予祝をやってみよう!


では、実際に予祝はどうやればいいのでしょうか?


基本はとにかく『未来の幸せを願い、祝うこと』です。


やり方は、様々あるようなのですが


簡単な方法を3つお伝えしたいと思います。



①理想の未来を書いてみよう!


できるだけ具体的に、引き寄せたい未来の願いや理想を


書き出してみましょう。


まずは、数か月や長くて1年先ほどに目標を設定するのが良いと思います。


未来日記、予祝マップ、ドリームノートなど呼ばれ方は様々ですが


高橋メアリージュンさんなどが、TVでもお話されていたので


知っている方も多いかもしれません。


日記のひとつとして書くのも良いですね。



②鏡に向かって未来の笑顔を作ろう!


願いがかなった時の笑顔、想像してみてください。


微笑み?大笑い??


願いがかなった時のポーズ、どんな感じでしょう?


バンザイ?ガッツポーズ??


なんでもOK!


叶った瞬間を想像して、鏡の前でポーズしてみてください。


毎日の習慣として取り入れるとバッチリです!



③未来の自分になり切ろう!


願いが叶った時に、インタビューされているつもりで


答えてみてください。



スポーツ選手のヒーローインタビューをイメージすると


やりやすいかもしれません。


もちろん、友達同士でやるのもOKです。


どんなことを聞かれるか?などを想像しながら


答えてみましょう。


そこに、願いを叶えるためのヒントが見つかるかもしれませんよ。



いかがでしたか?


意外と身近なところにあって


知らずに行っていた『予祝』。


やることも、簡単そうですよね。


ただ、間違ってはいけないことは


予祝をしたら、必ず願いが叶うわけではない


ということです。


花見をしたら、農家の方はサボっていても


秋に豊作になるわけではないですよね?


そこに向かってある程度の工夫や努力も必要です。


ただ、予祝をすることで目標設定が明確になりますし


叶った時のワクワク感、喜びを先に体験しているので


実際の成功を引き寄せやすくなるのです。


ポイントは、『幸せな気分でいること』ですよ。



では最後に、予祝を。


みなさんの、夢や理想の実現


おめでとうございます!!

Comments


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
bottom of page