秋の気分を満喫!おすすめの秋絵本

みなさん、こんにちは。


気付けば今週で9月も終わりですね。


朝晩はちょっと寒いな~と感じることも多くなってきました。


ますます秋が深まってきているなと感じる今日この頃です。



さて、秋と言えばみなさんは何を思い浮かべますか?


気候もちょうどよく、遊びに行くのも心地が良いのですが


コロナ禍では、思うように秋を楽しみに行くこともできませんよね。


そこで、今回はお子さんと一緒に秋を楽しめるよう


秋の絵本をご紹介していこうと思います!



<14ひきのあきまつり>


童心社 HPより)


14ひきシリーズは有名ですよね。


様々な季節に合わせて出ているシリーズの、秋バージョン。


絵の綺麗さももちろんですが


おとうさん、おかあさん、おじいさん、おばあさん。


そして10匹のきょうだいねずみたちの


ほっこりとした暮らしを垣間見ることができます。


今回は、子どもたちとおばあちゃんで


秋の森でかくれんぼをしていたら…?


秋の森には不思議がいっぱい。


その不思議を、ねずみたちと見つけてみてください。



<おちばいちば>


ブロンズ新社 HPより)


さっちゃんがどんぐりのお馬に乗って、やってきたのは


不思議な『おちばいちば』。


落ち葉で作られたスカートや、木の実の料理など


秋らしく、素敵な商品がたくさん売っている市場です。


売られている商品は、かわいくてオシャレでどれも魅力的ですよ。


この絵本を読んだ後、お子さんと、


「くーださいな」と


『おちばいちばごっこ』をするのも楽しそうです。



<もりのおふろやさん>


ひさかたチャイルド HPより)


森の動物たちが、月夜にお風呂に入っていると


岩陰の小さなお風呂で、くまのお母さんと


可愛らしいくまの赤ちゃんがお風呂に入っています。


「おふろやさん」というどこかにそっと現れる、


お風呂がキャラクターというのもユニークなところです。


身体だけではなく、心もほっこりポカポカするような絵本ですよ。


これを読むと、あったかいお風呂にじっくりと入りたくなります。



<ほしじいたけ ほしばあたけ>


講談社BOOK倶楽部 HPより)


きのこむらに住むほしじいたけとほしばあたけは


みんなに慕われる長老様。


ある日、むらの子どもたちの1人タマゴタケが


崖下へ落ちてしまったことを知ったほしいじいたけは…?!


きのこののおじいちゃん、おばあちゃんが主人公。


子どもはもちろんですが、このイラストと


途中の展開で大人も笑うこと間違いなしです。




いかがでしたか?


絵本で描かれる秋は、とても色鮮やかで美しいですよね。


カラフルな絵本を見ながら、ぜひお子さんと秋を楽しんでみてくださいね。


ちなみにママ職ブログでは、


今までも様々な絵本を取り上げてきましたので


良ければそちらもご覧になってみてください!



【ママ職ブログ 絵本記事】


涼しくなれる!?夏におススメ『怪談絵本』


『ちびくろサンボ』はどこへ行ったのか?


親子でほっこり♪春のオススメ絵本


親子で読みたい心が温まる絵本


人生が変わる絵本『あなたが世界を変える日』



【参考】


EhonNavi


絵本スペース


童心社


ブロンズ新社


ひさかたチャイルド


講談社BOOK倶楽部

特集記事
最新記事