Please reload

最新記事

ママ職の新サービス『秘書ママ』ってどんなお仕事なの?

July 18, 2017

1/3
Please reload

特集記事

ママ職のお仕事紹介ってどんなお仕事があるの?

2017/07/07

『ママ職』って気になるけど、

『お仕事紹介』って一体どんなお仕事があるのかな?

子育てしながら私にできる仕事があるのかな?

そう思っているママはたくさんいるのではないでしょうか

 

 今回は、そういった『ママ職のお仕事紹介ってどんなお仕事があるの?』という素朴

な疑問にお答えすべく、ほんの一部ですがどんなお仕事があるか紹介したいと思います。

 

まず、ママ職のお仕事紹介の流れについてママ職のホームページ(http://www.mamashoku.com)にも書かれていますが簡単に説明します。

 

ママ職で会員登録するとメールマガジンが送られてきます。そこでお仕事内容で興味があるものに応募フォームから申し込みするか興味のある講座に参加後にお仕事を紹介してもらう。といった流れになっています。

【ママ職のお仕事一例】

 

1.商品登録

 複数名のママとシフトを組みPCで商品登録作業を行う

 

2.HP作成

 クライアント から依頼されたホームページ作成

 (ママ職ホームページ作成講座の卒業生にお仕事を依頼)

 

3.ライター

 HPに載せる企業の事業紹介や宣伝記事を作成

 クライアントから依頼された講演会の記事まとめ

 インタビュー音声のテープ起こしなど

 

4.経理

 経験者の方にお仕事を紹介

 

これは、ほんの一例ですが、今後は、事務のお仕事を総括して

『秘書ママ』というサービスを展開して行きます。

『秘書ママ 』は、様々な事務を大きくフロント業務とバックヤード業務に分類し、作業内容によって更にグループ分けされた様々なお仕事を紹介するサービスです。

いわば「ママ職のためのコンシェルジュ」といったところですかね。

 

【フロント業務の一例 】

1.新規集客(PC)

 HP作成やブログやメルマガ運用代行など

2.新規集客(ペーパー)

DMはがきの封入・発送や名刺・チラシ・パンフレット作製など

 

【バックヤード業務の一例 】

3.スケジュール管理や資料作成

4.セミナー申し込み受付業務

5.経理業務

6.データ管理業務

 

ママ職の利点は企業側にもママ側にもあります。

 

企業としては、

チームでお仕事をすることで発生する責任感、ママ特有の勤勉さも企業から厚く信頼されていますが、ひとつのお仕事を時給換算ではなく、成果物としていくらと提示することにより企業側も無駄なコストを軽減できるという利点があります。

 

ママ側は、

子供の世話をしながら自分のリズムで収入を得ることができ、同じ仕事でもママの能力や経験などにより仕事のスピードは異なるので時給ではなく、成果物評価としての報酬が仕事としてやりがいを感じるのはないでしょうか?

 

 

今後近い将来の目標は、

子供の手が少し離れた小学生のいるママなどに向けたお仕事紹介の事業を展開して行きたいです。

ママもクライアント側も双方がはっきり(お互いに相手が見える?)と分かる風通しのよい環境で雇用に結びつけて行きたいです。

 

将来的には、

妊娠したらママ職へ登録ということが自然な流れとなるような社会にしていきたいですね。

今後もママ職は「ママのママによるママの為のお仕事紹介」をモットーに、更に邁進していきたいと思います!

 

皆様、今後ともよろしくお願いします。