Please reload

最新記事

ママ職の新サービス『秘書ママ』ってどんなお仕事なの?

July 18, 2017

1/3
Please reload

特集記事

ママ職の『マネージャー制度 』について

2017/07/30

皆さん、こんにちは!

梅雨も明けて、いよいよ夏本番!お子さんも夏休みに入り、慌ただしい毎日を過ごしているのではないでしょうか?

 今回はママ職の一番のアピールポイントである『マネージャー制度 』について詳しくご紹介したいと思います。

 

ママ職の『マネージャー制度 』とは?

資格がない、自分に自信が持てない、やる気は人一倍あるけれど今一歩踏み出せない・・・。

そんなママたちが自信を持って、お仕事で活躍する為に『マネージャー制度 』があります。

資格がなくてもあなたの強みをお仕事で活かせばキャリアアップできるシステムです。

ママ職のマネージャーは、大人数で作業する商品登録や秘書ママといったお仕事などで申請書類のチェックや進捗管理を主に行っています。

いわば、チームの監督、リーダー的な存在です。

 

ママ職のマネージャー制度の利点は、企業側にもママ側にもあります。

 

企業側

仕事を依頼した後の進捗管理や作業内容の細かい指示・確認などはママ職のマネージャーを通じて行うことが出来るので余計な労力や人件費をかける必要がありません。

 

ママ側

チームを組んで仕事を行う仕組みがあるので子供の病気やけがなど仕事に影響が出てしまうような場合でもチームを管理、監督しているマネージャーに相談することにより、チーム間でお互いをフォローし合える為、お仕事が滞ることはありません。

また、仕事上のちょっとした疑問や不安・心配事などはいつでも気軽にマネージャーに相談できるので、はじめてお仕事をするママも安心して働けます。

 

ママ職のキャリアアップイメージ

 

ママ職のモデルケースとして、様々なお仕事をご経験され、マネージャー、カピマネと順にキャリアップして現在は、スタッフである森田さんにお話をお伺いしたのでご紹介します!

 

今までの経歴を教えてください。

2014年夏にメールマガジンで流れてきた商品登録のお仕事に何度か応募して、採用してもらったのが始まりでした。

その後は他のお仕事に応募する以外に、仕事ぶりを評価していただいてメールでは流れてこないようなお仕事をご紹介頂き、作業者や商品登録のマネージャーとして約1年半ほどいろんなお仕事をしてカピマネになりました。

それからすぐ、突然社長から連絡をいただいて事務局スタッフとして働くことになり、今に至ります。

 

<継続で行ったお仕事>

・商品登録作業者、サブマネージャー、新作アップ等更新作業、メインマネージャー

・ECサイトのカスタマー対応(電話・メール)

 

<単発で行ったお仕事>

・LP(HP)製作アシスタント

・音声起こし

・名刺入力

・年賀状宛名印刷

・決済システムやメールサーバーの調査

 

ステップアップしていく中で、ママ職のお仕事をしてわかったこと、改めて感じたことなどを教えてください。

もともとこれというスキルもなかったため、講座に参加したり、いろんなお仕事に挑戦しながらたくさんのことを学び、頂いたお仕事はとにかく一生懸命、一つずつ丁寧に行うことを心がけました。

そうしていくうちに、特段すごい経歴や資格がなくても、頑張っていればチャンスが巡ってきて、それを掴むこともできるんだなと思いました。

 

マネージャー等を経験して、スタッフとなった今、お仕事をする上で一番気を使っていること、大切にしていることなどありますか?

今でも初心は忘れず、「一つずつ一生懸命に、丁寧に」を心がけています。

また、初めてのことの連続でわからないことも多々出てきますが、とにかく何にでも挑戦し、わかることに変えていければ、スキルアップに繋がると思って日々取り組んでいます。

 

これからお仕事をはじめようとする方へ一言お願いします。

経験を活かせるお仕事ももちろんありますが、経験やスキルがなくても、今からでも何でもやろうと思えば何でもできるんだなとママ職でお仕事しながら改めて思ったので、皆さんも是非新しい一歩を踏み出してみてください。

最後に

資格がない、自分に自信が持てない、やる気は人一倍あるけれど今一歩踏み出せない・・・。

そんなママたちが自信を持って、お仕事で活躍する為に『マネージャー制度』があります。

この夏休みを利用して、自分のライフスタイルや将来のキャリアアップイメージじっくり考えてみてはどうですか?

ママ職には、家庭と無理なく両立しながらイキイキ☆と活躍できるお仕事がたくさんありますよ。

会員登録をしていない方は、この機会に是非ママ職に登録して、新しい一歩を踏み出してください。

 

皆様、今後とも株式会社Capybaraをどうぞよろしくお願いします。

 

 

 

Share on Facebook
Please reload

ソーシャルメディア