Please reload

最新記事

ママ職の新サービス『秘書ママ』ってどんなお仕事なの?

July 18, 2017

1/3
Please reload

特集記事

ママ職スタッフに聞いた子どものお弁当事情

2017/11/06

皆さん、こんにちは。

 

運動会などのシーズンも終わり、ホッと一息というところでしょうか。

 

さて、今回はブログ内容もちょっと一息ついて身近なお弁当の話題にしようかと思います。

 

 

 

 

 

小学生以上になってしまうと、お弁当を作る機会が減ってしまうということも多いですよね。

 

ですが、遠足や運動会などイベントがあるとつきものなのがお弁当です。

 

特にお弁当をお昼ご飯に取り入れている幼稚園などでは、毎週ママたちの頭を悩ませるものでもあります。

 

 

 

今回はママ職スタッフに聞いた、子どもたちのお弁当をピックアップしたいと思います。

 

 

 

2歳の男の子がいるスタッフは、まだ年齢も小さいこともありお弁当を作る機会はそんなにないそうです。

 

それでも「梅入りゆかりのおにぎり」「ウインナー」「唐揚げ」をこよなく愛している、という可愛い男の子。

 

残念ながらお弁当の定番、卵焼きは作っても食べてくれないそうです。

 

キャラ弁は苦手なので上手くごまかして作っています、というスタッフさんの知恵は市販のかまぼこなどを使用すること。

 

最近では、可愛らしいアニメのキャラクターのかまぼこなども売られているので、忙しいママたちの強い味方です。

 

 

 

 

娘さんからのリクエストが多いメニューは「ベーコン巻き」「ハニーマスタードチキン」「カボチャサラダ」「レンコンのきんぴら」だそうです。

 

ベーコン巻きはきゅうりやネギをベーコンで巻いて両面焼いて終わりなので時短にもなります、とのことなので皆さんもお弁当の一品にいかがでしょうか。

 

市販のものもうまく取り入れつつ、お野菜とお肉のバランスや、彩りも良い美味しそうなお弁当ですよね。

 

女の子が喜ぶキャラ弁で、簡単なキティーちゃんおにぎりを紹介してくれたスタッフさんもいます。

 

ご飯は白いまま使い、目はのり、鼻はコーン、リボンはハム・にんじん・カニカマなどで飾りつけをしたらキティーちゃんおにぎりの完成。

 

 

 

 

 

コツは顔を横長にして、目は離れさせることだそう。これを応用して、冬には雪だるまおにぎりが簡単に作れてオススメだそうです。

 

あとは型抜きやピックを使って、季節感を出し、あまり凝ったことはしないで可愛らしいお弁当を作っているとのこと。

 

おかずは前日のおかずをお弁当用に多めに作っておくそうで、忙しい朝の時間でも時短でお弁当を作れるように工夫されていますね。

 

欠かせないおかずは「甘い卵焼き」。お子さんが大好きなおかずなので、絶対に入れる一品だそうです。

 

 

沢山たべる息子さんがいるというスタッフさんは、息子さんが年少の時からお弁当箱はおかずでぎっしり。それに大き目のおにぎりをつけているそうです。

 

 

 

 

 

男の子は、沢山食べる子も多いですよね。筆者にも男児がおりますが、その子も年少時から『肉と白いご飯があればそれでいい』という質より量タイプだったので同じようなお弁当でした。

 

こちらのスタッフの息子さんが、大好きなおかずは「甘い卵焼き」「ポテトサラダ」だそう。

 

卵焼きは小さい子ほど甘いものを好み、大きくなるとだし巻き卵が好きになってくるという傾向もあるそうです。面白いですね。

 

 

 

ママ職代表山﨑にも保育園に通う息子さんがいます。

 

その息子さんからの遠足のお弁当リクエストは、「唐揚げ」「卵焼き」「ポテトサラダ」だったそうです。

 

男の子が好きそうなガッツリ系のおかずリクエストです。

 

遠足でお弁当箱を開けた瞬間の、嬉しそうな息子さんの様子が想像できますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

ママ職スタッフに聞いた中では、特にお子さんの好きなおかずで多かったのが「唐揚げ」「卵焼き」「ポテトサラダ」でした。

 

他にも、ウインナー、ベーコン巻、ハンバーグなども子どもの好きなおかずランキング上位に入る定番おかずと言えるでしょう。

 

男女共に好きなおかずで差はないように感じますが、男の子は質より量、女の子はキャラ弁などの可愛いものという印象でした。

 

 

 

 

 

朝の忙しい時間に作るのは大変ですが「ママのお弁当大好き!」「美味しかったよ!」

 

と空っぽのお弁当箱を誇らしげに掲げる笑顔の子どもを見るとまた頑張ろうかな、と思えますよね。

 

唐揚げも卵焼きもどれをとっても家庭ごとに味が違うので、お弁当はまさにおふくろの味が詰まった宝箱ですね。

Share on Facebook
Please reload

ソーシャルメディア
タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square