知らないともったいない!子育て支援パスポート

皆さん、こんにちは!

外で遊ぶのに気持ちがいい日が続くようになってきましたね!

お休みの日に、お家にあるものをカバンに詰めて公園などにピクニックに行くのも楽しいですね。

ボールで遊んだり、お弁当やおやつを食べたり、疲れたらちょっぴり昼寝なんていうのも素敵です。

さて、今回はそんな外出が気持ちよくなってきたこの時期に、

子育て家庭が知っておくと得をするサービスをご紹介します。

皆さんは『子育て支援パスポート事業』とういうのはご存知でしょうか?

もともと、各自治体が行っていた子育て支援事業のひとつですが、

平成28年4月から47都道府県での利用が可能となりました。

パスポートや、協賛店などには共通ロゴがあるので見たことある方もいらっしゃるかもしれません。

このロゴが入っているのが目印です。

子育て応援パスポートですが、お子さんを持つご家庭なら一度は登録しておいて損はありません。

それでは、詳しくご紹介していきましょう!

この子育て支援パスポートは、カードやデジタルパスポートなど、さまざまな形式を採用しています。

例えば東京都の『子育て応援とうきょうパスポート』は紙パスポートとデジタルパスポートがあります。

紙媒体は、役所などでチラシを配布しているので、そこに必要事項を記入して使うことが出来ます。

(点字が施されているものも用意されています)

デジタルパスポートは、ホームページから利用者登録をすることで、

パスポートをダウンロードして使用することが出来ます。

またスマホアプリもあるので、スマホ画面に表示して使うことも出来ます。

地域によって、紙とデジタル両方あるところ、紙媒体だけのところとありますし、

また登録して使えるのは、妊婦さんから使える、未就園児のみ、18歳未満までOKなどと幅があるので

各都道府県ホームページなどをチェックしてみてくださいね。

この子育て応援パスポート、以前は住んでいる地域でしか使用できなかったのですが前述したとおり、

全国の協賛店舗で使うことが出来るようになったのです。

つまり、小さなお子さんを連れての帰省や旅行をした先などの地域でもサービスを受けることが出来るようになったのです!

慣れない土地で、おむつを替える場所を探したり、ミルクのお湯をもらえる場所を探したりというだけでも大変なものです。

子育て応援パスポートの協賛店では、ベビーカーでの入店可能、おむつが替えられる、

ミルク用のお湯がもらえるといったサービスから、お店の割引サービスまで多様です。

普段のお住いの地域でも、使用できるところが意外とたくさんあります。

筆者も調べたところ、我が家の地域ではミルクのお湯提供やおむつ替え可能というもの以外に、

クリーニング店の割引サービスや、景品プレゼントなどがありました。

今まで、良く行っていたお店も多々あったので

「なんてもったいないことをしていたのだろう・・・」とちょっぴり悔しく思いました。

普段使いはモチロンですが、旅行先などでそれが事前にわかるのであればこんなにありがたいことはないですし、

割引などのサービスが受けられるのなら、尚、お得ですよね!

一例ですが、日本マクドナルド株式会社では47都道府県の店舗でハッピーセットを特別価格で提供しています。

また、コジマ×ビックカメラでも子育て支援パスポートの提示でポイントが3%アップです。

(ゲーム機本体や携帯電話など一部対象外の商品があるので、詳しくは店員さんに確認してみて下さいね)

お子様がいると、外出も大変だったり、お金もかかったり・・・という心配や不安がありますが、

このような取り組みがあると、たくさんの地域の方やお店の方たちが見守ってくれているようで、不安が少し解消できるような気がします。

これから先、協賛店も増えてくることが予想できますので、

ますます安心して、そしてお得に子育てができるようになりそうですね。

是非、お住いの地域からチェックしてみて下さい。

全国の子育て支援パスポート事業をまとめた内閣府のページです。

ここから、各都道府県のページへのリンクがありますので見てみて下さいね!

内閣府 子育て支援パスポートについて

特集記事
最新記事