Please reload

最新記事

ママ職の新サービス『秘書ママ』ってどんなお仕事なの?

July 18, 2017

1/3
Please reload

特集記事

アメリカに学ぶ!子どもの自主性の育て方

2018/06/11

 

みなさん こんにちは!


突然ですが、筆者は海外ドラマが大好きです。

 

弁護士モノのドラマや高校生が主人公のドラマなどをよく見ていました。

 

見ていてよく思うのは海外の人の自主性と主体性の高さです。

 

例えばテストで点数が悪くても個別に先生のところへ行って

 

「○○をするので再評価してほしい」と頼む場面や、

 

仕事上でも上司に自分をアピールし、自分こそが昇格するべきだと言います。

 

ドラマなら演出もあるかもしれません。それでもどの作品を見ても

 

同じように思うのはやはり国の色が出ているのではないかと思うのです。


さて今回はオススメの海外ドラマ紹介!ではありません。


この自主性と主体性を育むために、どんな生活を送ると良いとされるのか

 

を紹介していきます。

 


自主性と主体性とは

 

 

まずこの言葉の違いについて明確にしておきます。


自主性はやるべきことは明確な状態であり、それを率先して行動する事。


主体性とは自らやるべきことを考え判断することを言います。


どちらもすべての日本人が低い傾向にあるわけではありません。

 

しかし控え目な国民性であると感じている人は多くいるのではないでしょうか。

 

 

 

アメリカに学ぶ 自主性・主体性の伸ばし方


ではどのような生活や方針が、自主性や主体性を育むことに繋がっていくのでしょうか。

 

1)言語コミュニケーション

 

 

 

アメリカでインターナショナルスクールを経営する船津徹社長によると、

 

日本とアメリカの大きな違いとはまずコミュニケーションだといいます。


アメリカでは自分の考えを言葉で伝えることができなければ、

 

理解がない・表現ができないと判断されてしまうのだそうです。

 

そのため幼いころから自分の考えを伝える訓練がなされているとのこと。

 

家庭だけでなく教育機関も同じようです。

 

プレゼンテーションやスピーチを早々と授業に取り入れることにより、

 

考えを発信する力を育てています。

 

 

2)個人として認めること

 

 

アメリカでは赤ちゃんであっても小さな大人として扱われます。

 

その具体的な例として、赤ちゃんは自分の部屋をもち、

 

生活はその部屋が主であるというのです。

 

日本のように添い寝をしたり、常に目の届くところにいさせたりする習慣はなく、

 

呼ばれたら行くスタンスだそうです。


しかし、とある研究からはアメリカは赤ちゃんを一人にしている時間が多い

 

にも関わらず、言葉をかけているのは日本より多いことが分かりました。


言葉できちんとコミュニケ-ションをとることにより、

 

子どもであっても一人の人格者として尊重します。
 

それが自立心を育て、同時にマナーや社会的責任も教えることになっていくのです。

 

 

3)自分でできることはやらせる

 

  

どんなに幼くとも自分でできることをやらせることで積極性・自主性を育みます。
 

とあるアメリカ在住者の方によれば、小学生の子供たちであっても学校のある日は