食欲の秋!脳を育てる栄養素とは?

みなさん、こんにちは!

涼しい日が多くなり、すっかり秋らしくなりましたね。

秋といえば食欲の秋!秋は美味しい食べ物も多く、つい食欲が出てしまいます。

どうせ食べるなら、子供には栄養のあるものを…と考えるママも多いのではないでしょうか。

今回は脳を育てる栄養素についてご紹介いたします!

脳は12歳までにほぼ完成する?!

賢い脳を育てるためには、勉強だけでなく食事から摂れる栄養がとても大切です。

人間の脳の神経細胞は3歳までにもっとも発達し、

6歳で大人の脳の90%ぐらいにまで急成長すると言われてします。

そして小学校を卒業する12歳までには、脳がほぼ完成すると言われています。

この脳が急成長する時期に栄養をきちんと摂ることで、脳の成長をサポートすることが出来るのです。

脳にいい栄養素とは?

では脳にいい栄養素にはどんなものがあるのでしょうか。

ここでは脳の成長に役立つ栄養素をご紹介いたします。

・カルシウム

骨にいいとされるカルシウムですが、実は脳にもいいという事がわかっています。

カルシウムは脳の活動をスムーズにしたり、記憶力アップにも効果があるとされています。

牛乳やチーズ、ヨーグルトといった乳製品は、カルシウムが豊富な上に吸収率もいいのでおすすめです。

・DHA(ドコサヘキサエン酸)

DHAは頭が良くなる栄養素として聞いたことがある方も多い思います。

DHAは記憶力や集中力を高め、脳の働きを良くすると言われています。

マグロ、ブリ、サンマなどの魚に豊富に含まれており、

焼いたり、煮たりなどの調理をすると含有量が減ってしまうのでお刺身で食べるのがおすすめです。

・レシチン

あまり聞いたことない栄養素かもしれませんが、レシチンは脳や神経組織の成分となる重要な栄養素です。

脳を作るのに必要なだけでなく、記憶力や集中力、判断力を高める働きをします。

卵黄や大豆に豊富に含まれているので、卵や豆腐、納豆などの大豆製品を食べると良いでしょう。

いかがでしたでしょうか?

日々の食事を見直すだけで、子供達の脳はぐんぐん成長するかもしれません。

これらの栄養素が含まれる食材を上手に料理に取り入れて、

栄養たっぷりの食事にしてみてはいかがでしょうか?

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square