子どもを預ける場所がなかったのですが、仕事復帰がしたくて。

ママ職を見つけたのは子どもが生まれて3ヶ月頃でした。 登録後はWeb店員からお仕事をスタートしました。

在宅でのチャット対応は最初はとても緊張していたのですが、また働けることの楽しさを感じることができ本当に嬉しくて。 Web店員はシフト制でチームでやっているのでママ同士フォローし合えるところも安心でした。 何より自分が携わった仕事が人の役にたつと感じられることは嬉しいし、それがやりがいです。

今では商品登録など空いた時間に黙々と作業ができるものや、シフト制で働くWeb店員、HP作成アシスタントなど同時進行でいくつも仕事をすることで時間を有効に活用できるので生活にメリハリも。

保育園に週2日子どもを預けられるようになったので、パートも始めました。

ママ職は、一つの仕事にチャレンジしたらそこから、どんどん次の仕事へ繋がってゆくのが魅力です。

家族の時間を大切にしながらまた新たな仕事に挑戦していきたいと思います。

パートとかけもちママ

大角さん(神奈川県在住)

子供の年齢 1歳

子供と一緒に仕事ができる、というコンセプトに共感して、ママ職に登録しました。

働いているみんながママ。子供の体調不良などでどうしても仕事を休まなくてはいけないママたちにとって、マ同士だからこそ分かり合える、協力しあえる環境はすごく仕事がしやすいんですよね。

登録して最初の頃は子供が寝ている間だけ、商品登録のお仕事をしていました。

クライアントから嬉しいフィードバックや同じようにママ職で働く仲間ができてやりがいを感じるようになり、自分が一生懸命働く姿を子どもに見せたい、子育てと仕事を両立していきたいと思うようになりました。

パート勤めの頃は毎日同じことの繰り返し。他に何か出来ることがあるんじゃないか?といつも感じていたんです。

子供がいるから働けない、という先入観に捕らわれず一歩踏み出したことで、今までとは違った自分と出会えたし、子供にもいい影響を与えることが出来ていると思います。

ママたちが仕事復帰出来るようなスキルを習得できるというところもママ職の魅力の一つです。これからは私もママたちが世の中に進出していくのをお手伝いしていきたいです。

ママ職は悩めるママたちの希望です!

​キャリアアップママ​​

石塚さん(神奈川県在住)

子供の年齢 2歳

一人目の子どもが生まれた頃、まだ正社員として働いていました。

でも、子供の熱などで会社を休むこともありすごく罪悪感を感じていたんです。

違う働き方ができないかと探していたところ、ママ職と出会ったんです。

最初の頃は夜、子どもが寝てから仕事をしていましたが、なにより家で出来ることが有難かったですね。

それに二人目が出来たときに、子どもを二人預けて働くということが現実的に考えられなかったんです。 それに正社員で働いていたときには、どうしても「仕事が一番」になってしまう瞬間があったんですよね。

でもママ職を始めてからは仕事と育児、ちょうどいいバランスに。

掛け持ちしている今の方が気持ちが楽になりました。働く事でお金に余裕もでてそれがママにとっての心のゆとりになり子どもや家族に優しくなれる。

ママが幸せなら家族も幸せ!

それをサポートしてくれるのがママ職だと思います。 

地方ママ

讓尾さん(大阪府在住)

子供の年齢 3歳、0歳

​ママ職® 働くママの声

実際にママ職®で活躍するママたちの声をご紹介いたします。

あなたに合った働き方がきっと見つかります。

子だくさんママ

玉城さん(大阪府在住)

子供の年齢

10歳、8歳、3歳、1歳

三男を出産後ママ職に登録しました。

それまではパート勤めをしていて、また仕事に戻るつもりだったのですが、どもが3人いると雇ってもらえず、どうしようと思っていたところでした。

次男が小学校に入学する頃、帰宅時に家にママが居ないことで精神的に不安定なってしまったのもひとつです。小学校という新しい環境になって、動揺を感じていながらママには言えず不安な思いをさせてしまったんです。

ママ職を始めてからは、帰宅時にキチンと迎えられるし、学校の話を聞きながら宿題を見てあげたりできる。パートのときは出来なかった学校の行事に出席したり、先生とのコミュニケーションももっと取れるようになりました。

ママ職から商品登録の仕事を紹介してもらい、始めてしばらくするとマネージャーをやらせてもらうことになって、今までパートだった自分が責任ある立場になれることが嬉しくてモチベーションになりました。

出産後ってめまぐるしい変化の中で、色々なことを考える時期。

それに子育てが想像より本当に大変で。

働こうにも保育園に入れないし、ただ働くことがこんなに大変なことなんだって、出産後に知りました。

ママ職があることで私は救われました。 ママたちが自分が好きなカタチで働けるように、今度は私が手助けできればいいなと思います。