あなたはできていますか?『テーブルマナー』を親子で見直そう!

みなさん、こんにちは!


二十四節気のひとつ「大寒(だいかん)」を明後日の二十日に控え、


いっそう寒さが厳しい時期となりました。


こんな寒い時期は、家族みんなで囲む「おうちごはん」で、


心も身体もポカポカに温めるのが一番ですね♪


特に今は寒さに加えて外出自粛生活も続いているため、


我が家では毎日の生活の楽しみのひとつとして、


鍋やおでんなどのあったかメニューはもちろん、


ホットプレートやたこ焼き器などが大活躍中です。


みなさんは「おうちごはん」のひと時を、どのように過ごしていますか?


(涼風さんによる写真ACからの写真)


ところでここ一年、「おうちごはん」が増えてきたがゆえ、


食事の時に子どもたちのマナーが目に付くようになってきた…


なんてことありませんか?


でもそれって実は、親の鏡写しなのかも!?


そこで今回のママ職ブログでは、「おうちごはん」でこそ見直したい、


「テーブルマナー」に注目してみたいと思います。


★まずは和食から!


日頃のふるまいがそのまま出てしまうことの一つが、箸遣いです。


和食においては、「箸にはじまり、箸に終わる」と言われるほど、


箸の扱いはとても大切なのだとか。


さてみなさんは、マナー違反とされている箸の使い方=「嫌い箸」を、


どれだけ知っていますか?


・涙箸…汁をこぼしながら口に運ぶ


・刺し箸…食べ物を突き刺して取る


・寄せ箸…箸で器を引き寄せる


・渡し箸…ご飯が残っている茶碗に箸を置く


・ねぶり箸…箸先をなめる


・拾い箸…箸から箸へと食べ物を渡す


・さぐり箸…お椀や器に箸を差し込み、食べたいものを取り出す


・諸起こし…箸と器を同時に取る


…などなど、ほかにもまだまだたくさんあります。


小さなお子さんだと、


箸を正しく持てるようになるまでがなかなか大変ですが、


少しずつでも幼いころから身につけていくことが理想ですね。


(kscz58ynkさんによる写真ACからの写真)


また、箸以外にも、普段意外とできていないマナーがあります。


・割りばし …食べ物をつかむ方を自分の左側にくるように横向きに持ち、


       上下に割るようにします。


・器の持ち方…親指を器のふちにかけて、他の四本の指で底を支えます。


       箸と同じ手で持ったり、


       親指以外の指でふちを持ったりするのは間違いです。


・魚の食べ方…上身の、背中の頭側から食べ始めます。


       上身を食べ終えたらひっくり返さずに、


       頭と骨を取り除いて皿の向こうに置き、下身を食べます。


…などなど、ここに挙げたのはほんの一例ですが、


筆者も反省すべき点がいくつかありました(汗)


★ナイフやフォークも幼いうちに!


昔と比べると、家庭でも日常的に洋食をいただくことが多くなりましたね。


それゆえ、幼いころから家庭で正しいマナーを身につけておけば、


将来社会に出た際に困らずに済むかもしれません。


(ジュビリーマユミさんによる写真ACからの写真)


洋食のマナーと言えば、ナイフやフォークの使い方がメインですよね。


・右利きや左利きに関わらず、左手にフォーク、右手にナイフを持ちます。


・コース料理の際は、並んだカトラリーの外側から1本ずつ使います。


・料理は一口サイズに、フォークで押さえてナイフで切り、


 フォークは持ちかえずに口へ運びます。


・手を休める時は、ナイフとフォークは皿の上に八の字に置きます。


 (ナイフの刃は内側に)


・食事を終えたら、ナイフ・フォークは皿の斜め右に寄せてそろえます。


このようなカトラリーの扱いの練習は、


ホットケーキやハンバーグなどであれば、


日頃から取り組みやすいかもしれませんね。


また、カトラリーの扱いの他にも注意しなければならないことがあります。


・ひじをはらない


・音をたてない


・フォークなどをもったまま飲まない


・パン皿は持たない


・フーフー吹いて冷まさない


…など、普段は気にせずやっていたことが実はマナー違反だった、


なんてことが少なくないと思います。


★大切なのは、気持ち


ここまで、いかがでしたでしょうか。


子どもたちの将来のためにも、正しいマナーを身につけさせなければ!


とつい意気込んでしまいがちですが、気負わずに大丈夫ですよ◎


誰かと食卓を囲む際に大切なのは、


相手に不快感を与えることなく、


楽しいひと時をともに過ごしたいと思う気持ちです。


食事の度に口うるさく注意するよりは、


親が手本になるよう心掛けながら、楽しい雰囲気の中で、


少しずつ正しいマナーを身につけていけたら良いですね。


(acworksさんによる写真ACからの写真)


今回、筆者が参考にさせていただいた下記書籍は、


カラーの絵や写真とやさしい文章で、子どもでも読みやすくなっています。


また、親へ向けたアドバイスも書かれていますので、おススメです!


おうち時間に親子一緒に読んでみる、というのも良いかもしれませんね♪


この機会にぜひ、ご参考になさってください。



≪参考≫


田中ゆり子 監修 『はじめての子どもマナーずかん』


坂東眞理子、蒲谷宏 監修 『こども マナーとけいご絵じてん』


小笠原敬承斎 指導、文 『親子でまなぶ 子どもマナーブック』

特集記事
最新記事