ひらがなにも旧字体?変体仮名を見てみよう!

みなさん、こんにちは!


夏休みも終わり、日常生活が戻ってきましたね。


宿題があったとはいえ、やっぱり勉強はちょっと面倒くさい!


と、思っているお子さんいらっしゃいませんか?


今回のママ職ブログの記事を読んだら


そんな面倒な勉強もちょっとしたくなるかもしれないですよ!



さて、勉強をする上で欠かせないのが『文字』ですよね。


私たち日本人が、文字として使っているのは


ひらがな、カタカナ、漢字、アルファベット。


そして、数字も入れると5種類の文字や記号を使っていますが


実は、ここまで多い種類の文字があるのは


世界広しと言えど、日本だけなのだそうです。


私たちは幼い頃から、それぞれの文字を習ってきて


普通に使いこなしていますが


海外の方が、大人になって日本語を習得しようとすると


その文字の多さにビックリするのだそうです。


今回はその中から文字の基礎ともいえる


『ひらがな』についてピックアップしていきます。



●『ひらがな』の歴史


私たちが文字を習い始める時、


まず初めに覚えるのが『ひらがな』ですよね。



日本には、古墳時代の5世紀頃


漢字が渡ってくるまで文字というものはなく、


漢字が渡ってきてからは、日本語の音に


漢字を当てはめる方法で表記されていました。


例えば『やま(山)』→『也麻』という形です。


これは『万葉集』で主に使われていたことから


『万葉仮名』とも呼ばれています。


その後平安時代になり、万葉仮名を元にひらがなが作られます。


安→あ、以→い、宇→う、衣→え、於→お


のように、漢字が簡略化された形ではありますが


ひらがなは『音』からできた文字なのですね。



●『ひらがな』は今あるものだけではなかった?!


私たちが普段使っている『ひらがな』は


明治時代になってから一般的に普及したものだということは


ご存知でしたでしょうか?


1900年(明治33年)に小学校令施行規則が改定され


小学校で教える『ひらがな』が現在と同じ


48文字になったのです。


それでは、それ以前はどうだったのでしょうか?


実は、『ひらがな』にも沢山の旧字体が存在していたのです!



ひらがなの旧字体を、『変体仮名』と言います。


前述したように、ひらがなは元々万葉仮名、


つまり『音』から作られた文字です。


例えば『あ』を表すものでも『あ』と読める漢字が


いくつかありますよね。


現在使われている『あ』の原型は『安』と言われていますが


統一される前は同じ『あ』という音を表現する文字だけでも


カタカタの元になったと言われている『阿』。


そして『悪』や『愛』が崩れたものも


『あ』として使われていたので


4つはあったことになります。


そしてその使い分けはというと…


実は明確な使い分けがなかったそうなのです!


同じ文章の中に、同じ音でも違う文字が使われている


なんてことも多々あったそうです。



●あなたの身近にもあった!『変体仮名』


さて、明治時代に統一されてから変体仮名は


学校でも教えられることもなく、ひっそりと姿を消した


…わけではありません。


今でもみなさんの身近なところで使われています。


例えば、お蕎麦屋さんやウナギ屋さんで


見慣れない文字を見たことはありませんか?



こちらは、『うなぎ』の『な』の字が変体仮名です。


現在使われているひらがなと同じ『奈』が元になっているので


形が少し似ていますよね。




こちらは、お蕎麦屋さん。


左から『生そば』と書いてあります。


『そば』の部分が変体仮名です。


『そ』は『楚』


『ば』は『者』に濁点がついたものです。



ちなみに、『ゐ』や『ゑ』といった字は


変体仮名ではありませんのでご注意を!



いかがでしたか?


漢字の旧字体は、苗字などでも使われているので


なんとなく知っていましたが


ひらがなにも旧字体があったなんで驚きですよね。


頻繁に使われることがなくなりましたが


ウナギ屋さんやお蕎麦屋さん以外にも


老舗の看板や商品名などで見ることが出来ますので


ぜひ探してみてくださいね。



【参考】


古文書解読検定 『変体仮名』


古文書なび 『古文書便覧』

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square