Please reload

最新記事

ママ職の新サービス『秘書ママ』ってどんなお仕事なの?

July 18, 2017

1/3
Please reload

特集記事

ママ職の新サービス『秘書ママ』ってどんなお仕事なの?

2017/07/18

ママ職の新サービス『秘書ママ』ってどんなお仕事なの?

という素朴な疑問をお持ちの方に向けて今回は、『秘書ママ』についてご紹介します!

『秘書ママ』とは?

ママ職に会員登録すると様々なお仕事があります。その中の一つに『秘書ママ』があります。

『秘書ママ』と聞いて私に秘書なんてできるのかしら?と思っているママも中にはいるかと思いますが、実際は事務代行のことを総称して『秘書ママ』と呼んでいます。

 

『秘書ママ』という表現にしたことにより、企業側にわかりやすくお仕事内容を説明することが可能となり、実際に企業側からの問い合わせが今までの5倍になりました。

 

『秘書ママ』のお仕事はどんなお仕事があるの?

セミナーバック業務、スケジュール管理、データ入力、受付・予約業務、メッセージ返信等の顧客対応業務全般を担っています。

 

『秘書ママ』研修って何?どんなことをするの?

会員登録後、『秘書ママ』研修を受講し修了された方から優先的にお仕事を依頼させて頂く形になります。

研修期間は3日、人数は4名~8名で講師は、ママ職代表山﨑が行います。ママ側の教育、ママ職全体としてのレベルアップを目指しています。

なぜ、子連れ不可の研修なの?

小さいお子さんのいるママでも参加することは歓迎です。

だた、秘書ママ研修だけは、子連れ不可、Webでの受講を今のところは不可とさせていただいております。その目的は受講されるママたちが講座に集中してもらうためです。また、皆さんの持つ適正性や強みを研修受講時の反応や様子などを通じて把握する側面もある事から子連れでの参加はご遠慮させて頂いています。

 

受講後は、どうやってお仕事を紹介してもらえるの?受講しないとお仕事を紹介してもらえないの?

実際にお会いすることにより、その方の人柄、仕事ぶり、傾向がわかるのでその方の強みを発揮できるお仕事を優先的に紹介することが可能になります。

クライアント様と直接コンタクトを取るお仕事は、研修を修了した方を優先的にお仕事紹介していますが、直接クライアント様とコンタクトしなくても済むデータ入力等のお仕事は、研修を受講していない方でも紹介しています。

 

 

今後は、有料化していくの?

現時点では、未定ですが、受講者数が増えた際の会場(場所)の関係や、子連れ同伴の要望が多い場合は、シッターさんの手配なども検討しなければならない為、有料となる可能性はあります。

 

☆実際に『秘書ママ』研修を受講した方の感想をご紹介します☆

 

(Mさん)

受講した感想

秘書ママと聞いて最初はすごく難しそうだなという不安がありました。

実際、受講してみたら、参加者の皆さんと意見を出し合い考えていく時間が とても貴重で、毎回すごく楽しみになっていました。

仕事をする上で、最も大事なことは相手(クライアント様)と自分を知ることだと学びました。

これは簡単なようで、なかなかすぐにできることではないと思います。

研修参加者だけでも、全く同じ考えや価値観の人間はいないと再確認できました。

だからこそ、すれ違いやトラブルが起きないようにしなければならないのだと思いました。

研修を通じて、仕事をする上での大前提が学べ、本当に良かったと思っています。

 

これから受講しようか迷っている方へ

受講後はお仕事の幅も広がるのでキャリアアップのチャンスだと思うので是非、チャレンジして頂きたいです!

私自身、仕事面だけではなく、物事の考え方がだいぶ変わり、すごく楽になりました。

 

(Tさん)

受講した感想

ママ職のおおまかな全体像が見えて、社長のやろうとしていることが感じられ、改めて仕事をしていく上で大切なことや心構えを学んだ気がします。

十人十色とはよく言いますが、受講生で誰一人として同じ考えの方がおらず、受講のたびに新たな発見があり、新鮮な気持ちになりました。

在宅ワークで仕事をしていると、同じ立場で仕事をしている方にお会いすることもほとんどないかと思います。職場内のコミュニケーションの場としても有効だと感じました。

 

これから受講しようか迷っている方へ

プラスはあっても、マイナスはありません。気になったら受講してみてください。

秘書ママの仕事にかかわらず自分自身を知ることができ、必ず今後に活かせると思います。

自分自身が秘書ママ研修を通して社長と知り合い、ママ職の事務局スタッフになりました。

自分が望めば、チャンスはどこにでもある!!そのチャンスをつかむため、自分の未来計画のため、受講してみてはいかがでしょうか。

最後に