あなたの強みは何ですか?『強みの無知』から抜け出そう!

みなさん、こんにちは!


明日9月7日は、二十四節気の「白露」です。


日中はまだまだ暑いですが、


朝夕は秋が感じられたり、朝露が見られたりする地域も


増えてきたのではないでしょうか。


過ごしやすい秋が待ち遠しいですね。


(夜行寝台さんによる写真ACからの写真)


さてみなさん、突然ですが質問です。



「あなたの強み=長所は何ですか?3つ以上、教えてください」



弱み=短所だったらいくらでも答えられるけれど、


強みはなかなか…しかも3つ以上なんて出てこない!という方、


きっと筆者だけではないと思います。


でも、自分の強みを知っていれば、それが自信につながって


新しいことにチャレンジする勇気になったり、


どんな環境でも自分らしくいられる軸になったりすると思いませんか?


そしてそれは、子育てにおいても良い影響を与えるはずです。


そこで今回のママ職ブログでは、自分の強みを見つけること、


そしてそれを生活の中に生かすことについて、考えてみたいと思います!


先ほどの質問に答えられなかった方はぜひ、


この機会に、自分の強みを一緒に見つけてみませんか?



★ストレングスブラインドネス=強みの無知


みなさんは、人事異動や引っ越し、あるいは昨今のコロナ禍など、


生活環境がガラリと変わってしまった時に、


自分が何をしていいのかわからなくなった経験、ありませんか?


これは、自分の強みが分かっていないために、前が見えなくなり、


自信が持てず不安になってしまっているのです。


こういった状態のことを、「ストレングスブラインドネス(Strength Blindness)」


=「強みの無知」、と心理学では称されるそうです。


また、他人からの称賛だけで自分を評価している場合、


もしもその称賛がなくなったら、とたんに自信がなくなりますよね。


こうした場合も、本当の自分の強みが分かっていない、


つまり「強みの無知」の状態だと言えるのです。


(craftbeermaniaさんによる写真ACからの写真)


では、こうした「強みの無知」の状態から抜け出すには、


どうしたらいいのでしょうか?



★最低でも3つ、「好き」を自分で見つける!


みなさんの好きなことは何ですか?


みなさんが得意とするスキルや資格は何ですか?


仕事の中でも趣味の中でも構いません。


自分の好きなこと、強みとなることを書き出してみてください。


お客様の要望を汲み取るのが得意だったり、


数値をグラフ化するのが得意だったり、


資格と言えるスキルでなくても大丈夫です!


この他、自分の性格も書き出してみましょう。


嫌だなと思う性格があっても、視点を変えて考えてみてください。


例えば、


・落ち着きがない→好奇心旺盛、活動的


・消極的→慎重で、信頼できる


このように、自分の意外な一面が「強み」として


認識できるかもしれません。


そしてこれらのことは必ず自分で考えるようにして、


最低でも3つ以上は見つけましょう。


他人の意見に頼ると、周りに流される危険性がありますし、


自分の「強み」を1つに絞ってしまうと、


その「強み」で失敗したときの対応に苦労するかもしれません。


とにかく自分の好きなことを掘り下げていくと、


何かしらの「強み」は必ず出てくるものです。


(おひょいさんによる写真ACからの写真)



★日常の中で「新しい事」に使い続ける!


こうして見つけ出した「強み」は、


ただ認識しておくだけでは何も変わりません。


毎日の生活の中で、どんどん生かしていきましょう!


ただし、ずっと同じことをしていては、慣れてしまって


自分の「強み」として見えなくなったり、飽きてしまったりします。


そうならないためにもぜひ、「新しい事」に生かせるよう、


常に意識して取り組んでみてください。


そしてこの取り組みを続けることで自己肯定感が高まり、


ポジティブな考え方ができるようになるのはもちろんのこと、


自分の「強み」がいろんな場面で生かせることから、


積極的に新しい事へのチャレンジもできるようになります。


自分の強みを生かして、自分らしい生き方ができたら、


とても素敵ですよね♪


(Bleuclairさんによる写真ACからの写真)



いかがでしたでしょうか?


ここ1~2年はコロナ禍で、必然的に自分と向き合う時間が


増えてきていると思います。


この機会に、しっかり自分と向き合い、


「強み」を知り、自己肯定感を高めることができれば、


今後どのような状況下でもポジティブに自分らしく、


楽しく過ごしていけると思いませんか?


そしてそれは、子育てにおいても良い影響を与えます。


親の心の軸が安定・一貫していれば、それが子どもたちにも伝わり、


子どもたち自身のチャレンジ精神や、自信にもつながっていくのです。


いつも前向きな気持ちで子どもたちと接するためにもぜひ、


「強みの無知」から抜け出してみませんか?



≪参考≫


自分の強みに気づいていますか?「ストレングスブラインドネス」から抜け出すヒント(キナリノ)


瀬戸和信 著『「自分」を殺すな、武器にしろ』

特集記事
最新記事