仕事や家事を効率化♪『ECRS(イクルス)』の原則で自分時間が増える!

みなさん、こんにちは!


今日から11月となりました。


早いもので、今年も残すところあと2か月です。


年末に向けて、仕事も家事も忙しくなってくる頃かと思いますが、


晩秋の景色を楽しみながら、乗り切っていきましょう!


(ミー★さんによる写真ACからの写真)


さて、突然ですがみなさんは、仕事や家事・育児を一切除いた、


「自分のためだけに使える時間」が、一日のうちにどれくらいありますか?


近年のある調査によると、ワーキングマザーの自分時間は、


平日が平均64分、休日が平均97分となっているのだとか。


さらにはこれからの時期、年末に向けての仕事や家事が増えてくると、


自分時間がますます少なくなってしまいます。


毎日の息抜きのため、仕事や家事へのモチベーションを保つためには、


できればもう少し欲しいところですよね・・・


そこで今回のママ職ブログでは、仕事や家事をより効率的にできる、


『ECRS(イクルス)』の原則という考え方を、ご紹介したいと思います!


自分時間を少しでも増やしたい方、必見です!



★業務改善のためのフレームワーク


『ECRS(イクルス)』とはそもそも何なのかというと、


主に製造業の生産性向上を目指すために生まれたフレームワークのことで、


次の4つの言葉の頭文字をとり、『ECRS(イクルス)』と言われています。



Eliminate(排除)


Combine(結合と分離)


Rearrange(組みかえ)


Simplify(簡素化)



具体的には、これら4つの言葉の意味のとおりに、


なくすことができる作業はないか(E)、


まとめられる作業や切り離すことができる作業はないか(C)、


組みかえられる作業はないか(R)、


簡単(シンプル)にできる作業はないか(S)、


ということを考えて、仕事や家事の効率化を図っていくのです。


現在においては、様々な業種の企業において、


業務改善のためのフレームワークとして、よく使われているようですよ。


(craftbeermaniaさんによる写真ACからの写真)


★大切なのはE→C→R→Sの順番!


そして実際に考えていくうえで大切になってくるのが、その順番です。


先ほど、E・C・R・Sの4つの言葉をご紹介しましたが、実はこれ、


実行したときの効果が大きい順に並んでいるのです。つまり、


E(なくす)→C(まとめる)→R(組みかえる)→S(簡単にする)


というように、効果が大きい方から考えていくことが鉄則となります。


さらに、E(なくす)から始まっているのには、


「現状肯定」を捨てて根本的に考え直す、という意図もあります。


そもそもやる必要のない仕事なのに、


その仕事の効率化を考えたところで、時間の無駄になるだけですよね。


けれど、知らず知らずのうちに、「これはやるべきだ!」と


思い込んでいる仕事や家事は、誰にでも少なからずあると思います。


ですからまずは、


みなさんの中にある「固定観念」をなくすことから始めましょう!


(oldtakasuさんによる写真ACからの写真)


★用意するものは、紙とペン


では実際に、ECRSの原則を使って考えてみたいと思います。


まずは、自分の仕事や一日の家事の工程を全て、


ひとつずつ書き出してみましょう。


より細かな工程まで書き出すことで、


重複している部分などを見つけられることが多くあります。


書き出すことが苦手だとか、時間がないという方は、


改善したいと思っている部分だけでもOKです。


書き出すことができたら、早速ECRSに当てはめてみましょう。


例えば…


E(なくす)


・誰も確認しない報告書をなくす。


・テレビ会議で、本社~支社間の出張をなくす。


・ネットスーパーを活用し、スーパーまでの往復時間をなくす。


・ソファやダイニングテーブル、マット類をなくす。


C(まとめる)


・会議とランチをまとめる。


・夕食の準備の時に、翌日の朝食分も準備する。


・ごみ袋は何枚か重ねてセットしておく。


R(組みかえる)


・営業ルートを最短コースへ変更する。


・議事録の作成に、音声認識ソフトを活用する。


・洗濯小物は、ピンチハンガーではなく平干しネットに置くようにする。


S(簡単にする)


・よく使う文章をワード登録し、素早くメールを打てるようにする。


・食事はワンプレート料理にする。



…などなど、ここでご紹介したこと以外にも、


様々なアイディアがたくさん発信されています。


ネットや書籍など、ぜひ検索してみてください。



さあ、ここまでできたら、あとは実行するだけです!


実行してみると、「ここも改善したい!」と思う部分や、


より効率的にできる方法を見つけられるかもしれませんね。


(ELUTASさんによる写真ACからの写真)


いかがでしたでしょうか?


ひとつひとつはほんの小さな改善かもしれませんが、


それが積み重なってくれば必ず大きな効果となり、


その結果、自分時間は増えてくるはずです。


ぜひ、増えた自分時間で何をしたいのか、


目標を決めて取り組んでみてください♪



≪参考≫


・株式会社リビングくらしHOW研究所 ~ワーキングマザーのワークライフ実態・意識調査~


生産現場で用いられるフレームワーク『ECRS(イクルス)』を活用して、家事をもっとラクに


株式会社日本能率協会コンサルティング ECRS(改善の4原則)

特集記事
最新記事