実はとても古かった!?『母の日』の歴史

みなさん、こんにちは!


今週末からはいよいよゴールデンウイークとなりますが、


みなさんのご予定はいかがでしょうか?


今年のゴールデンウイークは、最終日が“母の日”でもありますので、


実家に帰省したり電話したりして、日頃の感謝の気持ちを伝える、


という予定の方も多いと思います。


4月とはいえ汗ばむような陽気の日も多くなってきているので、


暑さ対策もお忘れなく、楽しくお過ごしください♪


(dreamydaysさんによる写真ACからの写真)


ところで、“母の日”っていつから始まったものなのか、


みなさんご存知でしょうか?


どこが発祥なのか、なぜカーネーションなのかも、


意外と知られていませんよね。


そこで今回のママ職ブログでは、“母の日”について、


深く掘り下げてみようと思います!



★きっかけは160年前の出来事!


“母の日”に関して私たちが知っていることと言えば、


毎年5月の第2日曜日が記念日となっていることや、


カーネーションをプレゼントするのが恒例、といったところですが、


これらは実は、アメリカでの“母の日”に倣っているのだそう。


では、アメリカの“母の日”がどのように始まったのかというと、


それは約160年も前の南北戦争時代(1860年代)にまで遡ります。


当時、「母の日ワーククラブ(Mothers' Day Work Club)」という


ボランティア団体の一員として活動していた、


アン・ジャービスという女性がいました。


彼女は、敵味方関係なく戦争で負傷した兵士の看護を積極的に行い、


戦時下の環境衛生を整え、平和を願って献身的に働きました。


その後彼女は1905年5月9日(第2日曜日)に亡くなって


しまいましたが、翌々年、彼女の娘であるアンナ・ジャービスは、


亡くなった母の偉大な活動を後世に残せるよう集会を開催し、


母親に感謝をするとともに、平和を願う母親たちの社会運動を記念し、


平和を提唱しました。


この時、アンナ・ジャービスは、母親が大好きだったカーネーションを


手向けました。


これが、後に現在のような“母の日にカーネーションを贈る”という


習慣になったと言われています。


そして、これら一連の働きかけがアメリカ全土に広まり、


1914年にはアメリカ議会が5月の第2日曜日を「母の日」と制定し、


国民の祝日となったのです。


思っていたより古い歴史があり、驚きですね。


(ちゃぁみいさんによる写真ACからの写真)


★日本で広まったのは“お菓子”がきっかけ?!


アメリカから日本へ“母の日”の風習が伝えられたのは明治時代末期の頃。


当時は、キリスト教由来の行事として伝えられていたため、


毎年3月に行われるものとして認知され、1931年(昭和6年)には


当時の皇后さまのお誕生日である3月6日が“母の日”として


公式に制定されました。


その後しばらく“母の日”の知名度は低いままでしたが、


1937年(昭和12年)、日本のお菓子メーカーによって、


20万人のお母さんを東京の遊園地に無料招待する「母の日大会」が


開催されました。


これをきっかけに日本国内で広く“母の日”が知れ渡ることとなり、


第二次世界大戦後に再びアメリカ文化が流入してくると、


アメリカに倣って5月の第2日曜日が“母の日”となったのです。


もちろん、母の日の贈り物の主流がカーネーションなのも、


アメリカに倣ってのことです。


ちなみに、アンナ・ジャービスが亡き母へ手向けたのが


白いカーネーションだったことから、


母が健在であれば赤いカーネーションを贈り、


亡くなっていれば白いカーネーションを飾るという説もあるようです。


(たまみぃさんによる写真ACからの写真)


★世界の母の日、どうしている?


さて、ここまでは主にアメリカと日本の母の日について


掘り下げてみましたが、他の国々はどうしているのでしょうか?


ここからは、世界の母の日について、いくつかご紹介したいと思います!



・ネパール


毎年4月末~5月初旬に開催されます。


実際には「母の顔を見る日」とされていて、お菓子や果物、タマゴなどを


プレゼントするのだそう。


・イギリス


イギリスの母の日は、なんと17世紀ごろが起源だとされています。


イースターサンデーの3週間前が母の日とされていて、


なかなか覚えにくい日程が特徴なのだとか。


子どもたちは教会で花を受け取り、その花を母親に贈るそうです。


・オーストラリア


日本と同じく5月の第2日曜日に行われますが、


カーネーションではなく“菊の花”がプレゼントの定番。


これは、オーストラリアの母の日の季節が秋だからだそうですよ。


・韓国


韓国では毎年5月8日に、両親に感謝する「両親の日」があります。


贈る花は日本同様、カーネーションが一般的なのだそうです。



時期や起源、プレゼントの内容は国によって様々ですが、


母親を想う気持ちは、やはり万国共通ですね!


(プルメリア55さんによる写真ACからの写真)


いかがでしたでしょうか。


母の日の歴史や由来を知れば、毎年同じように過ごしていた母の日が、


もっと特別なものになりそうな気がしませんか?


ちなみに、カーネーションの花言葉は色ごとに違っていて、


花束にする本数にも意味があるのだとか。


お母さんに贈りたい気持ちによって、色や本数を選ぶのも良いですね♪


下記サイトに詳しく掲載されていますので、ぜひ参考になさってください!


インターネット花キューピット



≪参考≫


イーフローラ/母の日の由来


ECCフォリラン!/世界中がお母さんに感謝!海外の母の日はどう祝う?その起源は?


インターネット花キューピット

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square