涼しくなれる!?夏におススメ『怪談絵本』

みなさん、こんにちは!


二十四節気の「大暑」も過ぎ、いよいよ夏本番となりました。


連日の暑さに、冷たいプールや海が恋しくなるこの季節、


水難事故や熱中症等にはどうかお気をつけて、楽しくお過ごしくださいね。



(マイルドカフェオーレさんによる写真ACからの写真)


さて、夜も寝苦しい日が続いていますが、


みなさんはどんな方法で暑さをしのいでいますか?


やはり、エアコンに限る!という方が大多数だと思いますが、


たまには暗~い部屋で夜風にあたりながら、


「怖い話」で涼をとる、なんていうのもいかがでしょうか?


そこで今回のママ職ブログでは、


お子さんと一緒に読めて、涼しくもなれちゃうような、


この季節におススメの『怪談絵本』を、いくつかご紹介したいと思います!



★『おいで・・・』




新日本出版社ホームページより)


文:有田奈央  絵:軽部武宏  出版社:新日本出版社



いつもの散歩道にある公園のトイレ。


そこには幽霊が出るという…


でも大丈夫、ただの噂だ。幽霊なんて怖くない…


誰でも一度は、公衆トイレの不気味さにゾッとした経験があるはず。


そんな、身近に潜む恐怖を題材にしたこの絵本は、


新日本出版社「ゾッとする怪談えほん」シリーズの1つ。


本作では、空気のよどみまで表現した文に加え、


不気味に描かれたカラスや乳母車などが、さらに恐怖心を掻き立てます。


これを読んだお子さんはもう、ひとりでトイレに行けなくなるかも?!



★『おともだち できた?』



講談社ホームページより)


作:恩田陸  絵:石井聖岳  出版社:講談社



はじめての街に引っ越してきた、女の子とその家族。


「おともだち さがしてらっしゃい」とママに言われ、


女の子は早速おともだちを探しに外に出ますが…


この絵本、本当に怖いの?と言いたくなるような、


石井聖岳さんによるかわいらしい表紙の絵本なのですが、


読み進めると、衝撃のシーンが待っています。


そして作者は、数々のホラー小説でも有名な恩田陸さん。


読み返すごとに増していく怖さと言ったら…鳥肌ものです。


読む人によっても解釈が様々あるこの絵本、


まずは一度、大人が読んでみることをおススメします!



★『あずきとぎ』



岩崎書店ホームページより)


作:京極夏彦  絵:町田尚子  出版社:岩崎書店



夏休み、おじいちゃんと過ごすために田舎にやってきた男の子。


そこで聞こえてきた、へんな音。


「しょきしょきしょきしょき」


おじいちゃんは、あずきとぎの仕業だと言う。


でも、そんなのいないさ、気を付けていればへいきさ。


「しょきしょきしょき…」


昔から言い伝えのある妖怪を題材にしたこの絵本は、


岩崎書店「京極夏彦の妖怪えほん」シリーズの1つ。


恐怖を引きずり出すシンプルな言葉と、


目が離せないほどリアルで怪しい絵で、


あっという間に妖怪えほんの世界へ引き込まれていきます。


この絵本を読んだら最後、あの音が耳から離れなくなります…



★『いるの いないの』



岩崎書店ホームページより)


作:京極夏彦  絵:町田尚子  出版社:岩崎書店



おばあちゃんが住む古い家で暮らすことになった男の子。


天井は高くて、上の方には、梁という太い木が渡っている。


その梁の上の暗がりに、誰かがいるような…


男の子は、気になって気になって仕方がない。


そんな男の子に、おばあちゃんは優しく笑った。


「見なければ怖くないよ。見なければ、いないのとおんなじだ。」


でも。いるかもなと思うと見ちゃう。見たら。見たら見たら…


ストレートな怖さが、容赦なく襲ってくるこの一冊。


前述した「あずきとぎ」と同じ制作陣によって完成された絵本で、


岩崎書店「怪談えほん」シリーズの1つです。


計算された簡潔な文章と、美しくも不気味な絵によって、


身の毛もよだつこと間違いなし!本当に、本当に怖いです。



いかがでしたでしょうか?


実はこれらの「怪談絵本」、ただ“怖い”だけのものではないようです。


岩崎書店の「妖怪えほん」「怪談えほん」各シリーズを企画監修した、


文芸評論家の東雅夫さんは、次のように語っています。



「幼いころから怪談に親しむことによって、


子どもたちは豊かな想像力を養い、


想定外の事態に直面しても平静さを保てる強い心を育み、


さらには命の尊さや他社を傷つけることの恐ろしさといった、


人として大切なことのイロハを自然に身につけてゆくのです。」



このように、ただ恐怖を与えるだけではない「怪談絵本」。


その背景の大きさや、作者の願いも感じながら、


ご家族で一緒にお気に入りの怪談絵本を囲んで、


夏の一夜を楽しんでみてはいかがでしょうか?


とはいえ、今回ご紹介したどの絵本も、


大人ですらトラウマになりそうなほど本当に怖いものばかりです。


くれぐれも、心の準備はお忘れなく…



≪参考≫


新日本出版社ホームページ


講談社ホームページ


岩崎書店

特集記事
最新記事