知るともっと楽しめる♪『花火』の歴史と不思議

みなさん、こんにちは!


今日から8月ですね。


筆者の住む地域では今月、数年ぶりに夏祭りが開催されるということで、


我が家では早くもお祭り気分です♪


とはいえ、まだまだ暑さと感染症には油断できません。


みなさんも夏祭りへお出かけの際は、対策を十分にして楽しみましょう!


(とりすたーさんによる写真ACからの写真)


さて、夏祭りの楽しみと言えば、やはり夜空に輝く“花火”ですよね!


大きな音と色とりどりの光、そして煙の独特なにおいに加えて、


近年では、様々な形に変化したり、音楽とコラボレーションしたり…


このように、年々進化し続けている打ち上げ花火ですが、


その始まりはいったいいつなのか、みなさんご存知でしょうか?


また、打ち上げ花火の仕組みを


あまり知らないままに観賞していませんか?


もちろん、歴史や仕組み等を知らなくても花火は楽しめますが、


知っていれば、これまでとは違った視点から、


花火をより楽しむことができそうですよね♪


そこで今回のママ職ブログでは、花火の歴史や不思議について、


どんどん探っていきたいと思います!



★もともとは戦のための技術だった!?


まずは、花火の歴史から紐解いていきましょう。


起源については諸説ありますが、秦の時代(紀元前221年前~前210年)に


中国で使われた「のろし」が始まりだというのが有力のようです。


その後、唐の時代(618年~907年)に武器として使う火薬が発明され、


13世紀ごろになると、中国からヨーロッパへ火薬の技術が伝わり、


やがて現在のように見て楽しむ花火が誕生したとされています。


日本へは16世紀(室町時代)ごろ、鉄砲とともに火薬の技術が伝わり、


まもなく日本国内でも、観賞用の花火が製造されるようになったと


考えられています。


見て楽しむものとばかり思っていた花火ですが、遡ってみると、


もともとは戦のための技術だったのですね。


ちなみに、現時点で現存する日本で最も古い花火業者は、


東京にある(株)宗家花火鍵屋(1659年~)だと言われていて、


1808年には、当時の鍵屋7代目がのれんわけをして「玉屋」を名乗り、


それ以降、隅田川で行われた花火大会では、


上流を玉屋、下流を鍵屋が受け持つようになったのだそう。


そこから、花火を見る時の「たーまやー」「かーぎやー」という


掛け声が生み出されたのだとか。


(kscz58ynkさんによる写真ACからの写真)



★瞬きも惜しくなる!打ち上げ花火の仕組み


みなさんは、打ち上げ花火の「花火玉」を見たことがありますか?


クラフト紙を固めて作られた、まんまるい玉なのですが、


その大きさは、直径9㎝のものから120㎝のものまで様々。


中には、打ち上げ花火のもととなる火薬が、バランスよく


計算されてぎっしり詰められています。


実はこの花火玉、完成までになんと1~2か月かかることもあるのだとか。


さらに、作成中から保管期間も含め、火薬を使っているため、


花火師のみなさんは常に危険と隣り合わせの状態です。


このように、時間と手間をかけられた花火玉の打ち上げ方法はというと、


近年はコンピューターで行われています。


まず、打ち上げ火薬と花火玉を仕込んだ筒を並べ、


次に、打ち上げるタイミングなどをプログラミングしたパソコンを使い、


電力で導火線に着火します。


そして導火線の火が打ち上げ火薬にうつり、


その勢いで花火玉が打ち上げられるのです。


花火玉の大きさによっては、なんと約700m上空まで打ち上げられ、


そこで直径約700mの大輪の花を咲かせるものも。


ちなみにこの時の速度は、新幹線の最高速度よりも早いのだそう!


ほんの一瞬の輝きのために、


これほどの手間と時間がかけられていると思うと、


これから打ち上げ花火を見る時は、瞬きをするのも惜しくなりますね。


(げたみさんによる写真ACからの写真)



★花火をもっと楽しもう♪


最後に、花火をもっと楽しめるようになる“まめ知識”を


いくつかご紹介したいと思います!



・花火の色はどうつけている?


⇒金属を炎にかざしたときに、金属の種類によって特有の色の光が出る、


「炎色反応」という性質を利用して色をつけています。


花火玉の中に入れる火薬に、


つけたい色にあわせた金属の粉末が混ぜられているのです。


・打ち上げ花火は、どの方向からみても同じに見える?


⇒丸い形をした打ち上げ花火は、横下でも上空からでも下からでも、


同じように丸く見えます。


それは、まんまるい形状の花火玉から、どの方向にも同じように


火薬が飛び出すからなのです。


・外国の花火と日本の花火は違う?


⇒外国の花火玉は、日本のものとは違い、円柱や楕円の形をしています。


ですから、空中で開いたときに球にならず、


角度によって見え方が違う花火になります。


・打ち上げ花火を上手に撮影するには?


⇒「ドーン」という打ち上げの音が聞こえたら、シャッターを開けます。


花火の光が広がっている間は、シャッターを開けたままにしましょう。


花火の日が消えたことを確認してから、シャッターを閉じてください。


三脚やリモコンがあれば、手振れを防いで、よりきれいな写真を


撮ることができますよ!


・手持ち花火は、1年寝かせると色がキレイになる?!


⇒花火は、製造してすぐに使うよりも、一年ほど寝かせたほうが


色や火花がキレイになると言われています。


花火を購入の際にはぜひ、製造年月日を見てみてください。


来年の花火を今年のうちに買っておくのも良いかもしれませんね。


ただし、新聞紙などに包んで風通しの良いところに置く等、


長期保管の際には、花火が湿気を含まないよう注意が必要です。


(せき散歩さんによる写真ACからの写真)



いかがでしたでしょうか。


今回筆者が参考にした下記の書籍は、カラーで見やすく


ふりがなもついているので、お子さんと読むのもおススメです。


本ブログでご紹介しきれなかった情報も、


まだまだたくさん掲載されていますので、ぜひお手に取ってみてください♪


また、下記のサイトなどでは、地区ごとの花火大会の開催状況などを


一覧で確認できるようですので、


お出かけのご参考になさってみてはいかがでしょうか。


全国花火大会 花火カレンダー2022



≪参考≫


日本煙火協会 監修『職人の技が光る 花火の大図鑑 種類、作り方から歴史まで』


冴木一馬 作『知って楽しい 花火のえほん』


和の技術を知る会 著『子どもに伝えたい和の技術3 花火』

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square