top of page

音楽の教科書に載っている意外なあの曲!

みなさん、こんにちは!


じっとりと汗をかくような気温から、急に雷雨になったりと


天気が読みづらい今日この頃。


筆者の周りでは、体調を崩すお子さんの話をよく聞くようになりました。


みなさんも、体調には十分気を付けてくださいね。



さて、6月と言えば梅雨。


雨音を癒しの音ととらえるか、


洗濯物が干せない悪魔の音(笑)ととらえるか


難しいところではありますが


雨が多くなるこの季節、音楽を聴くのも良いですよね。


クラシックなどをかけてゆったり過ごすもよし、


お子さんと一緒に歌って踊るもよし!です。


ところで、みなさん。


お子さんの音楽の教科書はご覧になったことありますか?


基本的に学校においてあるというところも多いので


あまり見た記憶がないという方も多いかもしれません。


音楽の教科書には、様々なアーティストの曲が取り上げられていて


結構面白いのだそうです。


そこで、今回は「音」つながりで


音楽の教科書をピックアップしていきたいと思います!


 

★音楽は親しみやすさが重要!


音楽の教科書の選定基準をご存じでしょうか?


文部科学省のホームページを見てみると


まず、『学習指導要領に基づく「共通教材」をすべて取り上げる』そうです。


「共通教材」とは、昔ながらの童謡のような


日本の四季や風景を歌ったものが多いそうです。


例えば、『さくらさくら』『こいのぼり』


『かたつむり』『ふるさと』などがあります。


もちろん、歌いやすい歌詞やメロディーも大切です。


この共通教材は、昔からあまり変わりがないので


今の子どもたち、私たちが子どもの頃、


そして、私たちの親世代も学んでいるはずです。



その他に「表現教材」というものもあります。


こちらは


『 表現教材における調の選択に当たっては、


 その学年の児童又は生徒の声域並びに


 楽器の特性などを十分考慮していること』


とあります。


もう少し細かくいうと


『我が国及び諸外国の様々な音楽のうち、指導のねらいに適切で、


生徒にとって平易で親しみのもてるものであること』


だそうです。


こちらに該当するものは、本当に様々で


『エーデルワイス』や『ドレミの歌』など


海外の民謡や映画音楽があります。


こうした曲は昭和48年(1973年)には、


すでに教科書に掲載されていたそうですよ。


 

★昔から掲載されていた邦楽アレコレ


前述した「表現教材」は本当に様々です。


例えば、みなさんも子どもの頃に歌ったことがあると思ますが


『翼をください』という曲をご存じの方も多いですよね。


意外と知られていませんが


実は元々は1970年代前半に活躍した


フォークバンド「赤い鳥」の曲なのです。



また、卒業式の定番『卒業写真』は


ユーミンこと、松任谷由実さんが


ご結婚前の荒井由実時代の曲ですよね。


同じく、『やさしさに包まれたなら』も教科書に載っているひとつです。


井上陽水さんの『少年時代』


長渕剛さんの『乾杯』


岡村孝子さんの『夢をあきらめないで』なども


学校で聞いたことがある曲ではないでしょうか。


 

★最近の教科書に載っているJ-pop!


令和4年度の高校の音楽の教科書に


米津玄師さんの『Lemon』が掲載されるというニュースを


覚えておられる方もいらっしゃるのではないでしょうか?


他にも、SMAPさんの『世界に一つだけの花』


岡本真夜さんの『Tomorrow』


Kiroroさんの『未来へ』


アンジェラ・アキさんの『手紙 ~拝啓 十五の君へ~』など


合唱曲でよく聞くようになった歌もありますよね。


私たち親世代からしたら、


アーティストの曲のほうになじみがありますが


子どもたちからしたら、学校で習った曲として


なじみ深くなっていくのかもしれませんね。


それでは、音楽の教科書に取り上げられている


J-popをいくつかご紹介します。



●『YELL 』 いきものがかり


合唱コンクールなどはもちろん、


「背中を押してくれる」といった理由で


卒業式でも歌われる一曲。


いきものがかりでは、他に『ありがとう』も


教科書に掲載されているそうです。


 

●『365日の紙飛行機 』 AKB48


アイドルの曲が?!と思いますが、


ご存じの方も多いように、歌詞が人生を取り上げていて奥深いのです。


曲自体もそんなに難しくないとのことで


合唱曲として使用されているようです。


 

●『さくら』森山直太朗


こちらも合唱曲としておなじみという感じの一曲。


卒業式で良く歌われているようです。


こちらは、音楽の教科書だけではなく


中学校の国語の教科書にも取り上げられているそうですよ。


 

●『FINAL DISTANCE』宇多田ヒカル


穏やかでありながら、切なさを感じるこの曲は


2003年の高校の教科書に掲載されました。


日本で起こったある事件の被害者の少女が


宇多田さんのファンだったことを知ったご本人が


追悼曲として作成したそうです。


その背景を知り、心を打たれた担当者の方が


音楽の教科書に掲載することを決めたそうです。


 

いかがでしたか?


親世代と子世代では、曲を聴いた場所が違うかもしれませんが


お子さんが合唱曲としてしか知らない曲の


基の歌をおうちの方が聞かせてあげたり、


お互いに思い出話をしたりするのも楽しいですね。



 

<参考>





 

Comentarios


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
bottom of page