梅雨時期に読みたい!雨の日が楽しみになる絵本♪

みなさん、こんにちは!


昨日は“父の日”でしたね。


我が家では毎年、


マッサージをしながら感謝を伝えるのが恒例になっていますが、


みなさんのご家庭では、どんな一日を過ごされたでしょうか?


「父の日、忘れてた~!」という方はぜひ、


昨年のブログでご紹介した「パパ検定」にも挑戦してみてくださいね♪


(ママ職ブログ『6月20日は父の日♪家族で「パパ検定」してみませんか?』参照)


(プルメリア55さんによる写真ACからの写真)


さて、各地で続々と梅雨入りが発表され、


すっきりとしないお天気が続いていますね。


なんとなく心まで暗くなりがちなこの季節ですが、


そんな時こそ、“絵本”を読んで気分を上げてみませんか?


今回のママ職ブログでは、雨の日が楽しみになるような、


今の季節にぴったりの絵本をいくつかご紹介します♪



★『あめふりくまのこ』


ひさかたチャイルドホームページより)


詩:鶴見 正夫  絵:高見 八重子  出版社:ひさかたチャイルド


まずは、「おやまに あめが ふりました~♪」で始まる、


おなじみの童謡を題材にした絵本から。


思わず口ずさみたくなるようなリズミカルな詩に合わせて、


物語のように画面を構成されています。


高見八重子さんによる優しいタッチの挿絵によって、


詩情豊かな世界が広がり、読む人の心を和ませてくれますよ。


ぜひ、親子で一緒に歌いながら、楽しんでいただきたい一冊です!



★『かたつむりのひみつ』


ひさかたチャイルドホームページより)


監修:黒住耐二  写真:武田晋一  出版社:ひさかたチャイルド


次は、雨がよく似合うかたつむりの秘密を、写真で楽しめる一冊。


どこが口?うんちは何色?そんなところも歩けるの?!と、


知らなかったことの多さに驚かされます。


小さなお子さんでも分かりやすい文章と、


連続写真や拡大写真などで、興味をそそられること間違いなし!


読んだ後はきっと、かたつむりを探しに雨の中へ出かけたくなりますよ♪



★『あめのもりのおくりもの』


福音館書店ホームページより)


作:ふくざわゆみこ  出版社:福音館書店


続いては、この時期ならではの美しい景色を楽しめる一冊。


おおきなクマさんとちいさなヤマネくんシリーズの4作目で、


梅雨明け間近の夏が舞台のお話です。


雷が鳴り響く大雨の日、ひとりであじさいを見に行ったヤマネくん。


ヤマネくんを心配したクマさんは、雷が怖いのも忘れて走り出します。


手に汗握る展開もはさみつつ、


最後には見事な景色が二人を待っています。


あじさいの花や虹がとにかく美しく繊細に描かれていて、


読むと心が晴れやかになる絵本です♪



★『どしゃぶり』


講談社BOOK倶楽部より)


文:おーなり由子  絵:はたこうしろう  出版社:講談社


最後は、思わず真似してはしゃぎたくなるようなこの絵本!


暑い暑い夏の午後に、ぼつっ、ぼつっ、ぼつっ…


「あめだ!」


こうしちゃいられない。遊ぼう!


そうして、男の子はからだ全体で雨を感じて楽しみます。


おーなり由子さんの思い切りのよい言葉と、


はたこうしろうさんの大胆な構図が、読む人を引き付けていきます。


あれ、雨ってこんなに楽しかったっけ?と思わせてくれますよ。


読めば雨の日が待ち遠しくなる、そんな一冊です♪



いかがでしたでしょうか。


梅雨の時期、雨で外出できない日は、


お子さんとお家でゆっくり絵本を読むチャンスです。


今回ご紹介したような絵本を読めばきっと、


今の季節ならではの楽しみ方を、再発見することができますよ。


梅雨明けはまだまだ先になりそうですが、


雨の日も、絵本を読んで、めいっぱい楽しみましょう!



≪参考≫


ひさかたチャイルドホームページ


福音館書店ホームページ


講談社ホームページ

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square