外遊びできなくても大丈夫?!お家で身体を動かそう!!

みなさん、こんにちは!

突然の休校から、修了式などを経て春休みに入りましたね。

1か月ほど学校へ行けず、外出も自粛要請されていたりするので、思うように外で遊べず

子どもたちにもストレスが溜まってきているように見受けられます。

(みっく―さんによる写真ACからの写真)

さて、今回はそんなお子様たちと一緒に、お家でできる遊びをご紹介したいと思います!

お家で遊ぶといえば折り紙や粘土、ブロック遊びにカードゲームなど様々なものがありますが

今回のママ職ブログでは『お家で身体を動かせる遊び』に注目してみたいと思います。

★風船バドミントン

(acworksさんによる写真ACからの写真)

風船バトミントンは、風船1つあればできる遊びです。

ラケットの代わりに、手を使って打ち合うだけです。

時間を決めて、タイマーが0になったときに風船を持っていた方が負けというゲーム方式にしても良いですし

陣地を決めて、相手の陣地に落としたら1点!というルールでも楽しそうですよね。

風船は1つでも楽しめるのですが、小学生くらいの子どもなら2つ以上使って遊ぶと

さらに面白いゲームになりますね。

複数にしたときは、足もOKなど、ルールも色々と変えて遊んでみてください。

★ジェスチャーゲーム

(sakurakiさんによる写真ACからの写真)

意外に思うかもしれませんが、ジェスチャーゲームも身体を使う遊びです。

声を出せないので、身体を使ってお題のものを伝えないといけないので、

全身を使いますし結構難しいですよ。

筆者が子どもたちとジェスチャーゲームで遊んだときは、回答者の後ろからパソコンでお題の写真を映し出し

それを出題者が答える形にしました。

子どもたちの好きなアニメキャラや、芸人さん、動物など様々なお題を出しましたが

全力でやるので結構汗だくになりました。

子どもたちの出題の仕方がとてもユニークなので、親子で笑いながら楽しめること間違いなしです!

★手押し相撲

(acworksさんによる写真ACからの写真)

子どもの頃に遊んだという大人の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

手押し相撲はとてもシンプルです。

土俵内に2人で向かい合って立ち、スタートの合図でお互いの手のひらで押し合い、

倒れないように耐えるゲームです。

足が地面から離れてしまったり、土俵から出てしまったりしたら負けです。

土俵は大きなひとつの輪でも良いですし、

それぞれの陣地を決めてそこから出たら負けなどでも良いですね。

押されて転んでも怪我をしないよう、周りの安全に気を付けることと

殴ったり、蹴ったりしてはダメですのであくまでも押し合うという駆け引きを楽しんでください。

いかがでしたでしょうか?

工夫次第で、家の中でも充分に身体を動かすことができますね。

筆者は、いらない広告や新聞紙などを好きなだけ破かせ

そのあとゴミ袋に破いた紙を詰め、大きなボールにして遊ぶのもおすすめです。

普段はダメと言いがちな、紙をビリビリ好きなだけ破いて良いよ!

なんて言われたら子どもたちは大喜びです。

散らかしたゴミは、きちんとゴミ袋に詰めてもらいますが、

そのあとボール遊びができるとわかれば喜んで詰めてくれますよ。

思いっきり遊んだ後は、ポイっと捨てられるのもいいところだと思っています。

今回ご紹介したのは、室内遊びのほんの一部です。

これから、梅雨の時期もありますしそうした時にもぜひ活用してみてください。

(acworksさんによる写真ACからの写真)

また、子どもたちが身体を使って遊べる遊びを紹介しているサイトがあります。

こちらもよろしければ参考にしてみてくださいね。

子供の体力向上ホームページ

身体を使う遊び以外にも、折り紙などを掲載しているサイトはこちら。

ASOPPA!(アソッパ)

特集記事
最新記事