「温活」で脱低体温&免疫力アップ!!

みなさん、こんにちは!

新年度が始まって早一ヶ月が過ぎようとしていますが、

新型コロナウイルスの影響でなかなか落ち着かない毎日ですね。

(Dora725さんによる写真ACからの写真)

日々の健康観察、みなさんも欠かさず行われていることと思いますが、

ご自身やお子さんの平熱がどのくらいか、知っていますか?

健康な人の平熱は一般的に36.5度~37度で、

このくらいの体温であれば免疫力が高く、様々な病気も発症しにくいとされていますが、

実は近年、35度台以下の低体温の方が増えているそうです。

実際に筆者の家族では長女の平熱が35度台で、

長女だけは毎年、風邪などの症状を発症しやすい傾向にあります。

そこで今回は、免疫力アップのための低体温対策についてご紹介します!

(Buntan2019さんによる写真ACからの写真)

低体温になる原因はあるの?

まずはご自身やお子さまの平熱を把握しましょう!

3~4日間、朝・昼・夜の体温を測って平均値を出したら、それが平熱となります。

平熱が35度台以下だった方は、以下のような生活習慣になっていませんか?

・冷たいもの、甘いものを好んで食べる

・お風呂はいつもシャワーで済ませる

・睡眠不足

・ダイエット中

・ストレスが多い   ・・・などなど

実はこのような生活習慣が、低体温の原因とも言われています。

低体温になると、血流が悪くなるため免疫力が落ち、ウイルスや細菌に負けやすくなってしまいます。

体温を上げるにはどうすればいい?

既にご承知の方も多いとは思いますが、

低くなってしまっている体温を、適正な温度まで上げる活動のことを「温活」といいます。

体温を上げるには、上記のような生活習慣を改めることはもちろんですが、

さらにプラスして以下のような「温活」をしてみましょう!

◎まずは飲み物から!

朝起きたての体には「白湯」が一番ですが、物足りない方は、

紅茶やプーアル茶・ウーロン茶など、体を温める「酵素」を含むお茶に変えたり、

生姜を足したりしても良いですね。

(しずく8さんによる写真ACからの写真)

◎適度な運動がとても大切です!

筋肉を使うことで熱が生み出されるのですが、激しい運動でなくても

自宅で簡単にできるストレッチなどで十分です。

おすすめは、毎日の生活に取り入れやすい「ウォーキング」と「スクワット」です!

まとまった時間が取れなくても、意識的に階段を使ったり、一駅分歩いたりするだけでも続けましょう!

スクワットは、前かがみにならないように注意して、ゆっくりしゃがむのがポイントです。

徐々に回数を増やしていきましょう!

寝る前の軽いストレッチも忘れずに。

◎直接内臓をあたためてあげましょう!

おへその下と、その真裏の腰をカイロや湯たんぽなどで直接温めることで

内臓の機能低下を改善し、体温を上げることにつながります。

ただし、カイロなどを肌に直接貼ると、低温やけどになる恐れがありますので、

その取扱い方法には十分にご注意ください。

(cheetahさんによる写真ACからの写真)

いかがでしたでしょうか?

今年のゴールデンウィークは、お家で生活習慣を見直し、家族みんなで免疫力アップ!を目指しませんか?

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square