日本人に心地よいリズム?七五調の歌

みなさん、こんにちは!


気付けば2020年も残り3日ですね。


この時期になってくると、テレビでも様々な特番が放送されますが


歌番組も多くなってきますよね。


今年は特にいろいろとありましたが、それを支えるように


歌で元気づけられた、ということもあったのではないでしょうか。


今回はそんな歌とリズムに注目してみたいと思います!



突然ですが、みなさんは短歌や俳句を詠んだことはありますか?


学生時代に、授業でやったという方も多いかと思います。


それぞれ、5・7・5・7・7と5・7・5音で作成されていますよね。


5・7のリズムで詠まれるものは五七調、


7・5のリズムで詠まれるものは七五調といい、


それぞれ歴史は古いものになります。


五七調の代表例が万葉集で、5・7のリズムを繰り返すことで、


素朴ながら重々しく、力強い印象になっています。


対して、七五調の代表作は古今和歌集。


7・5のリズムを繰り返すことで、軽やかで優しく、柔らかな印象になります。



さて、五七調も七五調も歴史や古典の授業を思い出してしまうと


なんだか難しいイメージしかありませんが


この、5と7を使ったリズム、


特に七五調が、実は歌にも使われているって知っていましたか?


歌詞にした場合、7文字のところが


8文字になっていたりするものもあるので、


文字だけカウントしていると気付き辛いかもしれません。


いくつかピックアップしてみましょう!



●童謡『どんぐりころころ』


どんぐりころころ どんぶりこ


おいけにはまって さあたいへん



●テレビドラマ水戸黄門主題歌『ああ人生に涙あり』


じんせいらくありゃ くもあるさ


なみだのあとには にじもでる



●チェッカーズ『ギザギザハートの子守歌』


ちっちゃなころから わるがきで


じゅうごでふりょうと よばれたよ



こう聞くと、なんとなくわかるような気がしませんか?


リズムがよく、聞いていて心地よい感じがしますよね。


学校の校歌も、七五調が使われているものが多いです。



ところで、なぜ七五調は心地よいリズムに聞こえるのでしょうか?


これには、ちょっと不思議な理由があるのです。


日本語は、2音でひとつのリズムになっているのだそう。


例えば『色鉛筆』の場合、


言葉の意味の区切りとしては「いろ」「えんぴつ」ですが


発音する場合、「いろ」「えん」「ぴつ」というリズムを取ります。


次に、音楽で考えてみましょう。


リズムの基本ともいえるのが四分の四拍子と言われるものです。


よく、楽譜などで見る、4/4となっているやつですね。


|♩♩♩♩|のように、四分音符4つで、1小節です。


四分音符の半分、八分音符は


|♪♪♪♪♪♪♪♪|で、


これは八分音符二つで四分音符ひとつ分、となります。


鋭い方はなんとなく気付いたかと思います。


2の倍は4、4の倍は8ですよね。


音楽と同じように、日本語のリズムも2音ずつ、


4音や8音のひとまとまりになっているほうが心地よく聞こえるのです。



でもこれが、七五調とどんな関係があるの?と思いますが


七五調は休符も含めて考えるのだそうです。


例えば、『古池や蛙飛こむ水のおと 』という


松尾芭蕉の有名な句で見てみましょう。


『ふるいけや(休符) かわずとびこむ(休符) みずのおと(休符)』


意識して発音してみると、


確かにそれぞれの語句の間に休符が入っているのがわかります。


それにより、テンポよく読むことができ、


また俳句ならではの良さ、語句の余韻であったり


この句の背景などを想像しやすくなっているように思います。



冒頭でも書きましたが、年末は歌番組も多くなります。


そこで、改めて七五調の歌に注目してみるのはいかがでしょうか?


今までとは違った見方で、歌を楽しめるかもしれません。


余談ですが、七五調の歌は歌詞とメロディーを入れ替えても


違和感なく歌える歌が多い、という面白い遊びもできます。


例えば前述した『どんぐりころころ』と同じ童謡の『こいのぼり』。


これらの歌詞とメロディーを入れ替えても歌えてしまいます。


他にも七五調の歌はたくさんありますので


お子さんと遊びながら、日本語のリズムを楽しんでみてください。



さて、今年のママ職ブログも今回で最後になります。


今年一年間、ありがとうございました。


そして、来年2021年度もみなさんに楽しんでいただけるよう


様々な情報をこのママ職ブログでお伝えしていきたいと思います!


みなさん、よいお年をお迎えください。

特集記事
最新記事