Please reload

最新記事

ママ職の新サービス『秘書ママ』ってどんなお仕事なの?

July 18, 2017

1/3
Please reload

特集記事

妻が怒る原因?!見えない家事を考えてみる

2018/03/26

皆さん、こんにちは!

 

3月も半ばになってくると、終了式・卒業式が多くなりますね。

 

あちこちで、胸に花をつけていたり花束を抱えていたりする子どもたちの姿を見かけるようになりました。

 

成長を感じられるとともに、少し切ない気持ちになる季節ですね。

 

 

 

さて、本日は見えない家事についてお話したいと思います。

 

2017年11月にNHK『あさイチ』で取り上げられたのでご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

 

見えない家事って何?という話をする前に、旦那様方に質問です。

 

家事をして、奥様に怒られたことはありますか?

 

 

 

「YES!」とお答えになった旦那様が多いかもしれませんね。

 

家事をやっているのに怒られてしまう。理不尽だなぁと思う方もいらっしゃいますよね。

 

なぜ怒られてしまうのでしょう?

 

今日はその疑問に答えが出るかもしれません。

 

 

 

 

まず、家事とは何だろう?ということから考えていきたいと思います。

 

 

 

当たり前なことですが『家の事』と書いて家事です。

 

様々な辞書をめくってみてもわかるように、家事とはその家の生活(生きていくうえでの家庭の維持)を保持するために行うものです。

 

炊事・洗濯・掃除・裁縫。お子さんのいる家庭では育児も含まれます。

 

こう書くと、「見えない家事って何?炊事・洗濯・・・ってやっている内容がしっかり見えているじゃないか?」と思われる方も多いと思います。

 

 

 

では、ここから見えない家事を具体的に考えていってみましょう。

 

例えば「ゴミ出しは、俺の仕事!」という旦那様、いらっしゃいませんか?

 

もしくは、お子さんのお仕事というお家もあるかもしれません。

 

 

さて、そのゴミ出しですが、たいていは玄関先においてあるゴミ袋を集積場などに出しに行くだけではないでしょうか?

 

では玄関先に置かれていた、まとめられていたゴミはどこから現れたのでしょうか?

 

勝手にゴミ袋の中にゴミが集まってきたのでしょうか?違いますよね。

 

ゴミ袋に集められているゴミは、誰かが集めてまとめているのです。

 

家中のゴミ箱をひっくり返して、ゴミを集め、袋にまとめて縛っておく。もちろん、分別なども含まれます。

 

もちろん、ゴミ出しをした人が集めている場合も多くありますが気になったことはありませんか?

 

こうして書き出してみると、普段何気なくやっている奥様方も「そういえばそうかも!」と思うかもしれません。

 

ゴミ出しと一言で書くと、ゴミを集積所などに出すことをイメージしますが、ゴミをまとめるという作業はその中に含まれず忘れられがちなのです。

 

ゴミ出しというのは結果で、その過程が見えない家事と考えるとわかりやすいかと思います。

 

 

 

 

他にも炊事と一言で書いてしまえることも、

 

献立を考える、予算や冷蔵庫の中身と照らし合わせる、買い出しに行く、下ごしらえをする、調理をする、食器を洗う、片付ける・・・という見えない家事が潜んでいるのです。

 

 

 

 

今日食べたいものを考える、食卓へ食器を並べる、食べたものを片付けるなどは、お子さんにも出来る炊事における見えない家事です。

 

 

 

育児に関しては、こんなことがありました。

 

「最近は、小学校の保護者会に来るお母さんたちも少なくなっている」という話が出たことがあります。

 

小学校に