働き方改革!「テレワーク」ってなに?

みなさん、こんにちは!

今年に入ってから新型肺炎のニュースが続き、街ではマスクや消毒液が品薄となっていますね。

特にこの時期は空気が乾燥しているので、新型肺炎に限らず感染症がピークを迎える季節でもあります。

今回の新型肺炎の感染予防として注目されたのが「テレワーク」です。

働き方改革のひとつとして近年よく耳にするようになった「テレワーク」ですが、

どういった働き方のことをいうのでしょうか?

今回は最近注目されている「テレワーク」についてご紹介いたします!

「テレワーク」ってどんな働き方?

「テレワーク」とは、「tele = 離れたところ」と「work = 働く」をあわせた造語で、

情報通信技術を活用して場所や時間に捉われない働き方のことを指します。

テレワークは働く場所によって「自宅利用型テレワーク」「モバイルワーク」「施設利用型テレワーク」の

3種類に分けられます。

・自宅利用型テレワーク

いわゆる「在宅勤務」のことを言います。

自宅に居ながら、会社とはパソコンとインターネット、電話やFAXで連絡をとりながら働きます。

・モバイルワーク

顧客先や移動中にパソコンや携帯電話を使って働きます。

例えば営業職の方が外回りでの移動中などにパソコンなどでを使って仕事をした場合が

モバイルワークにあたります。

・施設利用型テレワーク

勤務先以外のオフィススペースでパソコンなどを利用して働きます。

サテライトオフィスやシェアオフィスなどを利用して働くことができます。

なぜ「テレワーク」が今注目されているの?

ではなぜ近年テレワークが注目されるようになったのでしょうか?

一番の理由は、近年政府が推進する「働き方改革」の一つとして認知度があがったことです。

現在日本では労働力人口が昔に比べて大幅に減っています。

労働力不足を解消するためにテレワークを積極的に導入して、

柔軟な働き方を取り入れていこうという流れになっているのです。

テレワークを導入することで、好きな時間に働けるだけでなく、

在宅であれば通勤の必要もないので、育児や介護と両立して働くことも目指せます。

また地震や台風などの災害時や、今話題の新型肺炎などの感染症が流行っているときにも、

テレワークならば出勤することなく自宅などで仕事をすることが可能です。

今年は東京オリンピックが開催されるので、開催期間の混雑解消としても

テレワークはこれからますます注目を浴びていくでしょう。

ママ職ならではの工夫

ママ職では、小さいお子さんがいても在宅で働けるお仕事をたくさん紹介しています!

在宅ワークなら好きな時間に子供と一緒に過ごしながら仕事ができるので、

たくさんのママ達が活躍しています。

ママ職では、ママ達が分からないことや不安なことを気軽にスタッフに相談できるように

ビジネスチャットを取り入れています。

これにより、コミュニケーション不足を解消し、ママ達が安心して仕事ができるよう心がけています。

さらに、案件によっては他のママ達とチームになって助け合いながら働くことも!

子供が病気になって仕事が進まないときにも、他のママ達がフォローしあって仕事を進めることもあります。

子供を持つママ達だからこそ、困ったときにはお互い様!

という気持ちで助けあえるのがママ職の魅力です。

小さいお子さんがいても仕事を頑張りたい!スキルアップしてみたい!というママさん、

ぜひママ職で一緒にお仕事を始めてみませんか?

ママ職 無料会員登録についてはこちら♪

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square